ワーナーマイカル福岡東 シネテリエ天神 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
FROM U.A.S
 
 マイノリティーリポート
  スティーブン・スピルバーグ監督とトム・クルーズの豪華な組み合わせが実現 した「マイノリティーリポート」は 近未来を舞台にしたSF犯罪スリラーである。共演にコーリン・ファーレル、サ マンサ・モートン。
<STORY>
  近未来の2054年、アメリカの首都ワシントンDCにおいて犯罪防止に対する 新しい試みが行われていた。 それは予知能力を持つ超能力者3人(Pre-Cogs)と、その犯罪情報をもとに犯 罪を未然に防止する部隊 (Pre-Crime unit)が作られていたのだった。 部隊のリーダーであるジョン ・アンダーソン(トム・クルーズ)は 犯罪を未然に防止すべく、超能力者から提供される犯罪イメージを使って犯人 が犯罪を犯す数分前に 検挙することが可能になっていたのだ。しかし、超能力者3人が予知した犯罪> イメージの中にジョンの姿が 殺人者として映し出された時、ジョンの人生が一変してしまう。追う立場から 追われる立場になってしまうジョン。 ジョンが犯罪を犯すまで残り36時間しかなかった。はたして、ジョンは自ら の力で犯罪を止める事が できるのか?しかし、超能力者が予知した犯罪イメージはこれまで100%間 違いはなかったのであった・・・
<解説>
 前作「AI」に続いて、スピルバーグ監督が手がける今回のSF映画は犯罪を未然 に防ぐ事が可能であるか という問題を提示すると同時に、現在のその瞬間まで人は未来を変える事がで きる可能性を持つ事を 表しているような気がする。全編白く霞んだような画像で描き出す近未来の世 界は、それほど斬新な イメージはないが、街のあちこちに仕掛けられた未来の宣伝広告は実にユニー クである。主人公のドラマが 中心で、アクション性、娯楽性が少ないのが残念であるが、最後の最後まで目 の離せない展開となっている。 「AI」に続き、もしかしたら考えすぎのスピルバーグ監督が今回見せてくれる 数々のブラックユーモアに 思わずスピルバーグ風ジョークのセンスを見たような気がした。(この監督は 意外にダークなジョークが好きな 人なのかもしれません)最後に、つまらない映画ではないが、見た後にスカッ と爽快感が残る映画でもなかった。
<藤本さんの評点>
※映画の評価
100点〜80点 是非!映画館で御覧下さい。80点〜50点 このジャンルに興 味がある方は映画館で御覧下さい。50点〜30点 ビデオ・DVDで御覧下さい。 30点〜0点  お時間がある方はビデオ・DVDでどうぞ。
 今回の評価100点満点中、70点。 (トム・クルーズの熱演は必見。今回の映画の見所は「人間の目玉」!?だっ たりします。お楽しみに)
藤本さんのホームページへ
 
天神コアラ 大分コアラ