コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネテリエ天神 今週のおすすめシネマ
 
 酔いどれ詩人になるまえに
   
  酔いどれ詩人になるまえに
(C) 2005 Copyright BulBul Film As / Factotum Inc.
配給: バップ+ロングライド
2005年/アメリカ・ノルウェー
監督: ベント・ハーメル
脚本: ベント・ハーメル 、ジム・スターク
出演: マット・ディロン 、リリ・テイラー 、マリサ・トメイ 、フィッシャー・スティーヴンス 、ディディエ・フラマン

公式ホームページ

上映スケジュールはこちらから
 
   

言葉は大切なものでなく必要なものだった。

<物語>
 売れない詩や小説を出版社に送り続ける自称“詩人”のヘンリー・チナスキー(マット・ディロン)は、その場しのぎの仕事で食いつないでいた。ある日、バーで知り合った女ジャン(リリ・テイラー)と暮らし始めるが、酒とセックスばかりのさえない毎日。何をしても続かず、原稿依頼もこない中、彼女にも捨てられる。


<解説>
  世界中でカルト的人気を誇るアメリカ文学界の異端児、チャールズ・ブコウスキーの本人の“作家修行時代”を映画化。飲んだくれでいい加減、仕事も長続きしない自称“作家”のさえない日常を、ドライな笑いを交えて描く。監督は、『キッチン・ストーリー』で一躍脚光を浴びたノルウェーの俊英ベント・ハーメル。ブコウスキーの分身ともいえる主人公を、『クラッシュ』でオスカー候補になったマット・ディロンが好演している。

 
 
  白石さん
 仕事は長続きしない上、お酒・煙草・女好き。これだけ聞くと心底ダメ人間な感じですが、「書く」という事に一途にこだわり続けた姿勢はとても魅力的。最後は、カッコイイ彼に惚れ込んでしまいますよ!
  シネ・リーブル博多駅 スタッフ”白石さん”
 

 

 
天神コアラ 大分コアラ