コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネテリエ天神 プレゼント
 
 キャプテントキオ
   
  キャプテントキオ
(c)2007「キャプテントキオ」製作委員会
配給:アスミック・エース エンタテインメント
監督:渡辺一志
出演:ウエンツ瑛士 中尾明慶 泉谷しげる いしだ壱成

2/24(土)より公開

公式ホームページ

上映スケジュールはこちらから
 
     
アナーキーでクレイジーな痛快青春映画、誕生!

<物語>
 西暦20XX年。大地震により壊滅的な打撃を受けた東京都を、日本政府は切り捨てた。廃墟となり無法地帯と化すと同時に、そこにはエネルギーに満ちた若者達が集まり、新しいカルチャーが勃興。退廃と熱情が入り交じる、自由と反骨の象徴・新東京都。教科書でしか知らない東京に本土からやってきたのは、映画好きのフルタとロック好きのニッタ。巨大ロックライブが開かれるという情報を聞きつけ、興奮するニッタが警察官に開催場所を訪ねたとたん、ふたりはニセ警官に身ぐるみはがされて売られてしまう…。


<解説>
 大人たちに翻弄され、抗い、成長する高校生を描く『キャプテントキオ』。監督は『19』の渡辺一志。フルタ役に抜擢されたのは、タレント、ミュージシャンとして活躍するウエンツ瑛士。激しさを秘めた内気な若者が映画作りにのめり込み、成長していく様を見事に演じている。フルタと対をなす親友のニッタ役には、若手実力派の中尾明慶。フルタに対して優位であろうとするが、誰にも認めてもらえない自分に苛立つという難しい役柄を、ストレートなアプローチでさすがの好演を見せている。世界観をスタイリッシュに構築したなか詰め込まれているのは、夢、友情、映画や音楽への愛、大人への反発といった普遍的な思い。老若男女に観てほしい痛快青春バディムービーだ。
 
   
  白石さん
 若手の二人が魅力的な演技に注目!音楽もいいので、チェックしてみてください!
  シネ・リーブル博多駅 スタッフ”白石さん”
 
天神コアラ 大分コアラ