コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネテリエ天神 プレゼント
 
 パプリカ
   
  パプリカ 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2006年/日本
監督:今敏
声の出演:林原めぐみ/江守徹/堀勝之祐

公式ホームページ

上映スケジュールはこちらから
 
     

私の夢が、犯されている

<物語>
 精神医学研究所に勤める美しきセラピスト千葉敦子と天才科学者・時田浩作によって開発された“DCミニ”。患者の夢に入り込み、無意識の世界をモニターすることで治療を行う装置が、ある日突然何者かに盗まれる。その日を境に、研究にかかわった人間の夢が犯され、何かが狂い始めていく。捜査に乗り出した敦子にも魔の手が迫る。しかし彼女はもう一つ別の顔を持っていた。他人の夢にシンクロして、共時体験することでトラウマを取り除く、通称“夢探偵パプリカ”。人格を破壊するほどの威力を持つ“DCミニ”を悪用する“夢のテロリスト”を阻止するため立ち上がったパプリカ。果たして犯人は誰なのか?

<解説>
 原作が映像化不可能と言われていた理由は、現実世界には存在しない“夢”の描写。人間の無意識が作り上げた創造の世界を具体化し、一枚一枚丁寧に描きあげ、そこに深いテーマをもたせるために、今監督を筆頭に世界最高のスタッフが結集した。特に、奇妙な音楽にのって様々な人や生物、有機物や無機物が織り成す狂乱のパレードシーンの描写は圧巻である。また、キャラクターに命を吹き込む声優陣にも注目。主人公の千葉敦子とパプリカの一人二役に挑んだのは、「新世紀エヴァンゲリオン」の林原めぐみ。『東京ゴッドファーザーズ』に続き、今監督とタッグを組んだ江守徹。今までのイマジネーションを覆す今(KON)ワールドの真骨頂!いよいよ公開!

 
   
  白石さん
 怒涛の90分は見ごたえあり!!“夢のパレード”は圧巻、脚本も秀逸で、原作のよさをうまく映像化した、一押しのアニメーションです!是非劇場でご覧ください!
  シネ・リーブル博多駅 スタッフ”白石さん”
 
 
天神コアラ 大分コアラ