1才と3才の子供がいます。一週間ほど前から、私がおたふくを発病しました。子供達にはまだ発症していないのですが、うつっている可能性があります。1才の子供にはしかと、3才の子供に日本脳炎の予防接種を受けさせようと思っていたのですが、差し支えないでしょうか。おたふくのワクチンだと接種後1ヶ月は、他の予防接種は受けられないので考えています。もし現時点でそれらの予防接種が不可能だとすると、いつ頃から受けても可能でしょうか。

はしか、おたふく、水ぼうそう、風疹など、予防接種の対象になるような感染症や手足口病、突発性発疹などはっきりした発疹のでる感染症にかかったあとは、通常1か月はワクチンをうつのをひかえるようにします。このような感染症のあとにはワクチンによる免疫がつきにくくなるからです。

 潜伏期間中のワクチン接種は、ワクチンによる免疫効果には問題ないのですが、ワクチン後に熱が出たりした場合にワクチンの副反応か感染症によるものか判断が付きにくくなります。特に急ぐ理由(保育園ではしかがはやっている等)がなければ、潜伏期間が過ぎてからワクチンをうつ方がよいでしょう。

 おたふく風邪の場合は潜伏期間は2〜3週間(平均18日)ですから、それを過ぎてからうてばよいでしょう。発症した場合はもちろんその1か月後です。おたふく風邪は3歳未満の場合、不顕性感染(ウイルスがついても症状が出ない)もけっこうあります。

よく分からなければ、かかりつけの先生に相談し、地域の流行状況なども考えてワクチンの予定を決めてもらって下さい。

                      徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ