子供が今耳鼻科に通院しています。なかなか治りません。アレルギーテストでは特に 何も出ませんでしたが、何かしらあるのでしょうか?私も少し気にかかるようなこと をいわれましたが、特に自覚症状はありません。子供は今6歳の女の子です。

アレルギーの検査は、血液検査や皮膚試験などがあります。いずれもアレルギーの原因(アレルゲン)として頻度の高い項目を組み合わせて調べるため、これらの検査ではひっかからないこともしばしばあります。(「血中好酸球」や「総IgE」など、原因を特定せず、アレルギー体質の強さを見る検査もあります)。また、これらの検査 の結果は絶対ではなく、検査値が低くても明らかにアレルギーと考えられる場合や、 高くても実際にはアレルギー症状が出ないこともあります。

 耳鼻科領域のアレルギーというと、アレルギー性鼻炎か慢性副鼻腔炎でしょうか。ど ちらもなかなか治りにくい疾患です。治療は、アレルギー止めや分泌止めの内服薬、 鼻の中の洗浄や吸入を行います。慢性副鼻腔炎の場合は、少量の抗生剤を長期(1〜 3か月程度)に使うこともあります。アレルギー体質は簡単には治らないため、場合 によっては症状がなくても薬を続ける必要があります。また、症状がひどくならない ことを治療目標とする場合もあります。治療方針をよく説明してもらってきちんと治 療を続けることが大切です。

 親や兄弟にアレルギー性疾患(喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔

炎など)がある場合は、子どもにアレルギー性疾患が出る可能性も高くなります。気 になれば、他の家族もきちんと診察や検査を受けるとよいでしょう。

アレルギー性鼻炎については

アレルギー性鼻炎

http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/68.html

にも書きましたので参考にして下さい。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ