1歳3ヶ月になる男の子です。
 右上腕部に2センチほどのイチゴ状血管腫があります。
 よく育児書には生後数週間で現れ、段々赤く盛り上がり、パンパンに膨らんだ 後しぼみ、6歳くらいで自然に消えるとあります。 息子の場合出産の際にすでにあ り、その後も色、形、大きさは同じです。 5ヶ月の時に診断ではイチゴ状血管腫と 言われたのですが、もう一度診察を受けたほうがいいのでしょうか。

 いちご状血管腫は、生後現れてくるものが多いのですが、生まれたときに既にできて いる場合もあります。6,7歳頃までには自然に消えてくるので、通常はそのまま様 子を見ます。まぶたにできたものや非常に大きいもの、全身にたくさんある場合には 治療が必要なこともあります。

 いちご状血管腫と似たものに、単純性血管腫(生まれたときからあり、盛り上がりが 少ない)、海綿状血管腫(生まれたときからあり、だんだん大きくなる)などがあり ます。これらは自然に消えることはなく、レーザー治療や手術による治療をすること があります。見分けるのが難しいこともあるので、心配であれば皮膚科でもう一度診 察を受けると良いでしょう。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ