現在2歳2ヶ月の娘のことですが、生後8ヶ月の時にBCGを接種いたしましたが、18個の うち3個だけついていました。小児科に相談したところ「大丈夫」と言われましたが免疫がついているかどうか気になっています。また、同居中の義父が以前結核を患っ たこともあり不安になっています。

 BCGは結核の予防接種のことで、力を弱めた結核菌の入った液を皮膚に塗り、9個の 針の付いた器具をその上から押しつけて菌を皮膚の中に押し込むことで免疫をつけよ うとするものです(「管針法」、いわゆる「はんこ注射」)。非常に細い針なので、 皮膚に針跡がつかなくても免疫はついているはずです。3個跡が付いているというこ とは、少なくともその部分は確実に針が皮膚に刺さったということなので、質問のお子さんは、免疫は一応付いていると考えて良いでしょう。

 しかし、乳幼児期にBCGをした子でも、小学校一年生の時にツベルクリン反応をする と、半分くらいの子が陰性、すなわち、結核の免疫が不十分と判断されて、BCGの再 接種を受けることになります。質問の方のように、以前結核にかかった方が家族の中 にいて心配だという場合は、小児科でツベルクリン反応をしてもらって免疫の確認を してもらうという方法もあります。通常は、きちんと治療された結核は活動性がなく なっているので、BCGをしていれば感染することは少ないと考えて良いでしょう。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ