はじめまして、6ヶ月児の母親です。現在、すべて母乳で育てていますが、私の場合コーヒー好きで、どうしても1日1杯は欠かせません。コーヒーの弊害について教えてください。授乳中は、完全にコーヒーは断つべきですか?紅茶やお茶、ココアなどはいいのでしょうか?

コーヒーの中のカフェインは、母乳中に少量出てきます。また、赤ちゃんの体に入ったカフェインは、体の外に出ていくのにかかる時間が大人よりも長いため、母親がコーヒーをたくさん飲むと、赤ちゃんの体にカフェインがたまっていく可能性があります。コーヒーを一日20杯飲んでいる母親の母乳を飲んでいる乳児に、落ち着きがなく、いらいらする、という症状が出たことがあるそうです。

 赤ちゃんに対する影響は、濃さ、飲む(食べる)量、授乳のタイミング、他のお薬との相互作用などで変わってきます。濃いコーヒーを一日に何杯も飲む人で、赤ちゃんに落ち着きがないなどの症状があるときはカフェインの影響も考える必要があると思います。逆に、コーヒーを1日1杯ならほとんど問題にならないと思います。

 紅茶、緑茶の中のカフェインの量は、食品成分表によるとコーヒーと大体同じレベル(もちろん、入れる濃さによって変わりますが)なので、どれもほぼ同じくらいの強さと考えてよいと思います。ココアやチョコレートにはテオブロミンというカフェインに似た作用の成分が入っています。母親が板チョコ1枚くらいを食べたあとの母乳には、コーヒー1杯飲んだときのカフェインと同じくらいの濃さのテオブロミンが含まれています。しかし、テオブロミンはカフェインと比べると興奮作用などはずっと弱いので、よほど大量に食べない(飲まない)限り問題はないと思います。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ