「サイレントベビー」ってなんですか?

あまり泣かない、体の動きが少ない、視線を合わさない、笑いが少ないなどの特徴を示す、「静かな」赤ちゃんのことです。

 赤ちゃんは、生まれたときは泣くか、オッパイを吸うか、寝るか、という単純な機能しか持っていないように見えます。しかし、本当は、生まれた直後から、母親の声を聞いたり、顔を見たり、手や肌のぬくもりを感じたりしています。そして、かなり早い時期から母親を認識するようになります。

 この時期に、母親が赤ちゃんにあまり声をかけなかったり、赤ちゃんの目を見つめなかったり、あまり抱っこしなかったりということを続けると、次第に色々なことに対して反応の少ない「静かな赤ちゃん」になっていきます。この「静かな赤ちゃん」は、一見おとなしく育てやすい子のようですが、快にも不快にもあまり反応しないので、色々な病気の進行に気づきにくかったり、将来問題行動を起こすようになるのではないかといわれているようです。

 対策としては、赤ちゃんの出す声や、体の動きなどに対応して、よく声をかけてあげること、赤ちゃんの目をよく見て、笑顔で接すること、抱っこするなどのスキンシップを多くすることなどがあげられます。「静かな赤ちゃん」に気づいた時点でこのような対処をすることで、1、2か月のうちに赤ちゃんが活発になり、笑顔が出るようになることがほとんどのようです。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ