1歳になる子どもですが、髪の毛がとても薄いのが気になります。何か病気と関係しているか心配です。

「髪の毛が薄い」というのは、「髪の毛の量が少ない」、「まばらに生えている」、 「細い」、「色が薄い」などを表すのではないかと思います。

 「薄い」の程度にもよると思いますが、乳児期のこどもは、頭の大きくなるのに髪の毛が追いつかないためか、大人と比べて髪がまばらであるのはよく見ます。この場合には、2、3才頃になるといつの間にか髪の毛が増えてきます。また、小さいときには細くて栗毛色で弱々しかった髪の毛が、大きくなってくると髪の質が変わって、しっかり太くなってくることもよくあります。このような場合は「髪の毛が薄い」のは、髪の毛の正常な発達の途中にあるといえるでしょう。

 一方、短い髪の毛がまばらに生えてなかなかのびてこなかったり、細くねじれた色の薄い髪の毛であったりと、いう場合もあります。髪の毛の異常に加えて、体が硬かったり、発達の遅れがある場合や、歯の異常や皮膚の異常など、他の異常を伴う場合には、先天的な病気の場合も考えられます。

 髪の毛が薄いほかに、1才の時点で発達が遅いとか、他にも小さな異常がたくさんあるとかいうのでなければ、様子を見ていてよいのではないかと思います。また、気になるところがあれば、小児科でチェックをしてもらうとよいでしょう。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ