離乳食に使わないほうが良い物があると聞きましたが、どのような物に注意すればよいでしょうか?

月齢が低いほど、感染やアレルギーに注意し、濃い味や刺激物を避けるようにします。

<感染>
ハチミツ:ボツリヌス菌による乳児ボツリヌス症を起こすことがあるので、1歳未満には与えないようにする。
刺身などの生もの:新鮮なものは大丈夫なはずだが、それでも離乳完了期の1才以後が安心。
ほかの食材も、離乳初期ほどよく火を通して使うようにして下さい。)

<アレルギーを起こしやすいもの>
青魚(サバ、サンマなど):白身や赤身の魚に慣れてから
エビ、イカ、カニ、タコ:消化もしにくい
山芋:かぶれることもあるので離乳食には向かない
牛乳:調理に使うのは初期から、そのまま飲むのは1才から。早めに飲ませるときは暖めて。
*家族にアレルギーがあったりして特に心配な場合は、離乳食の進め方について小児科や保健所などで相談して下さい。

<濃い味付け>
香辛料、漬け物ハム、ソーセージ、ちくわ、はんぺん:塩分が多いので、刻んで湯通しするなどして後期から
ポテトチップス、スナック菓子、インスタントめん、ファストフード:塩分と油分が多い
ケーキなどの甘い菓子類:与えるときは少量に(離乳食の適当な味付けの濃さが分からないときは、月齢に応じた市販の離乳食の味付けを参考にするとよいでしょう)

<その他>
肉の脂身:欲しがる場合も1才以降にごく少量を。
洋菓子:お酒が入っていることがあるので要注意
みりん、料理酒:手作りの離乳食では使わないようにする。
モチ:ノドに詰めるおそれがあるので、あげるのは3,4才以降が安全(小さく切り、必ず大人がついて食べさせる)
ピーナッツ、いり大豆:気管に入って窒息することもあるので、3歳以下には与えない(子どものいるところで食べない、置かない。)

 他にもあると思いますが、最初にあげた注意をし、それぞれのお子さんの離乳食の進み具合に従って、1品目ずつ、少量ずつ食品を増やすようにして下さい。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ