もうすぐ4ヶ月になる娘がいます。生後1ヶ月くらいの時から授乳の際に乳頭保護器を使っています。そのせいか直接乳首を吸うのをかなり嫌
がります。このまま乳首を吸わなかったら何かしら発達に支障をきたしてしまうのではないかと思い不安です。実際のところどうなのでしょうか。

 

 

乳頭保護器を使うのは、乳首の裂傷などの理由だと思います。確かに、直接乳首を吸う方が赤ちゃんと直接接触できてよいように感じられるかも知れません。しかし、色々な理由で哺乳瓶からの授乳しかできない場合もよくありますが、そのことのみが発達を左右するということはありません。

母乳を薦める理由の一つとして、赤ちゃんとのスキンシップがあげられます。赤ちゃんを抱っこし、目を見つめ、話しかけながら授乳することが、赤ちゃんの発達にとても大切な役割を果たします。逆に直接乳首を吸わせても、テレビを見ながら、赤ちゃんに話しかけることもなく、機械的に吸わせるような授乳であれば、その方が発達に悪い影響を与える可能性があると思います。

乳頭保護器で乳首の良い状態が保たれ、母乳の分泌が保たれるのであれば、どうぞしっかり使ってください。そして、授乳するときだけでなく、オムツを替えたり、お風呂に入れたりするときなどにもしっかり赤ちゃんの目を見つめて、話しかけてあげてください。


徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ