3才の男児(孫)の事についてお尋ねします。1歳半の時に自閉症の傾向が有ると心理士から言われました。2才の時父親の仕事でデトロ
イトに行き、そこで専門家に診てもらいましたが異常はないとの診断でした。しかし、今でも電話の会話ではオーム返しが多いと感じます。人見知りが強く、すぐに親の後ろに隠れます。子供だけだと大丈夫で、むしろ一緒に遊ぼうと努力しているようです。ごはんは殆ど食べず、パンやお菓子を食べています。ズボンにこだわりがありますが、ダメと強く言うと諦めて従います。やっぱり自閉症なのかと心配です。

 

 

自閉症は、対人関係の異常、コミュニケーションの障害、行動・興味の限定や反復行動、言葉の遅れ、想像力の異常などが見られる発達障害です。きちんとした診断は、「DSM-IV(ディー・エス・エム−フォー)」と呼ばれる診断基準によってなされますが、一般の方にはなかなか分かりにくい内容です。
自閉症を疑う症状として重要なものには、

・他の子どもへの興味がない
・指さしをしない
・何かを見せるために持ってくることがない
・真似をしない
・名前を呼んでも反応しない
・母親が指さした方を見ない

などがあります。その他にも、ごっこ遊びをしない、オーム返し、特定のもの・手順などにこだわることもよく見られます。

ご質問のお子さんは、「オーム返し」、「ズボンへのこだわり」がご心配な点のようです。人見知りについては、むしろ乳幼児期に「人見知りがない」ことの方が自閉症を疑う症状とされます。自閉症の診断や治療についてはアメリカの方が進んでいるので、あちらで「異常ない」と言われたのであれば問題は少ないように思います。

日本では自閉症などの発達障害への対応は十分でないことが多く、自治体によってもかなりの差があります。また、小児科医でも自閉症の診断に慣れていないとなかなか正確に診断できないこともよくあります。ご心配であれば、小児科、保健所、自治体の行う健診・発達相談など、複数のところで相談してみるのがよいと思います。


徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ