1)2か月になる男の子です。起きているときは気にならないのですが、
夜中寝ているときに、呼吸が速くなったり、遅くなったして、とても気になります。授乳後は呼吸が速くなるのはわかるのですが、どうして泣いたあとでもないのに、呼吸が荒くなったりするのでしょうか?

2)生後1ヶ月の乳児です。最近息子が寝ているときに、苦しそうな呼吸
をします。ぜいぜい言ったり、息を吸うときに苦しそうにひーといったり、呼吸が一時的に20秒くらいとまった後、呼吸が早くなります。時には、大きないびきを掻き息苦しいのか寝ているときに起きてしまいます。寝ているときに呼吸が止まってしまうのではないか、とても心配です。呼吸器系の病気でしょうか?

 

 

1)のご質問の症状は、新生児期から乳児期に見られる「周期性呼吸」ではないかと思います。睡眠中に数秒から十数秒の間、呼吸運動が止まり、呼吸が再開するときにはそれまでより大きく行きを吸ったりはいたりし、呼吸も速くなります。この呼吸は未熟児によく見られ、呼吸中枢の未熟によるものと考えられています。一般的には呼吸は自然に元に戻り、顔色が悪くなることもありません。逆に、呼吸が30-40秒以上も長く止まったり、チアノーゼを伴う場合は、感染症、脳の異常、呼吸器の異常などがないか調べてみる必要があります。
この「周期性呼吸」は生後2、3か月で消えていくのが普通ですので、このお子さんの場合は、もう少しすると見られなくなるのではないかと思います。


2)のお子さんも、呼吸のパターンは「周期性呼吸」のようです。ただ、「ゼイゼイいう」、「苦しそう」、「いびきをかく」というのは気になります。「周期性呼吸」でも呼吸運動が回復するときには深く速い呼吸をするため、少し苦しそうに見えることもあります。睡眠時のみの異常で、覚醒時には呼吸の異常がないのであれば、「周期性呼吸」でよいのではないかと思います。しかし、「ゼイゼイ」「いびき」などがあるのであれば、気道(鼻やノドから肺までの空気の通り道)のどこかに、狭かったり空気の通りにくい部分がないかどうかチェックしてもらった方がよいかも知れません。
この場合、まずは小児科で一般的な聴診などの診察をしてもらい、いつもゼイゼイいったりしているのかどうかを確認してもらいます。必要があれば、採血、レントゲンなどで感染症や肺の異常の有無を確認します。鼻、ノド、喉頭部、気管などに狭窄が疑われる場合は、小児用のファイバースコープのある耳鼻科に依頼して、異常の有無を検査してもらう場合もあります。

徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ