8か月の子どもです。5ヶ月の頃から、よだれのせいかあごや頬が赤く荒れるようになりました。寒くなり空気の乾燥もあるのか更に悪化。体もかさつきぎみで、おむつ替えやお風呂の時におしりのあたりを掻いたり、寝るときなどに肌の出ている部分(手や腕)を掻いていたりします。小児科でウレパールを処方され、体はだいぶよくなりましたが、顔は荒れやすく、かゆがって手や布団などでこすって血が出たりします。友人から漢方の紫雲膏という塗り薬を紹介され試したところ、よくなりつつありますが、塗り続けていないとすぐに赤く荒れてしまいます。このままこの薬を塗り続けたほうがよいのでしょうか・・・。小児科では、よだれと乾燥で今の時期はしょうがないから。と言われるだけです・・・。かゆみだけでも抑えてあげたいと思いますがどうしたらよいでしょうか??

 

 ウレパールは1)角質の水分保持増加作用や2)角質の溶解剥離作用がある軟膏です。「保湿剤」としてよく処方される軟膏ですが、
2)の角質溶解作用もあるため、皮膚のバリア機能の低下しているアトピー性皮膚炎ではかえってよくない事もあると言われています。

一方、紫雲膏は、解毒・殺菌作用、肉芽形成促進作用、皮膚の血液循環を盛んにするなどの作用がある漢方の軟膏で、ツムラなど漢方系の製薬会社から発売されています。紫雲膏でよくなったのであれば、皮膚の感 染などもあったのかもしれません。

紫雲膏については、私自身は処方した経験がないのでコメントしにくいのですが、続けて使うのが不安であれば、処方している皮膚科などでご相談された方がよいと思います。

このご質問に限らず、「塗らないと悪くなる」というご相談をよく受けますが、アトピー性皮膚炎やいわゆる乾燥肌から来る湿疹などでは、治療でいったん皮膚の状態が落ち着いても、全く何もしなくなるとまた湿疹が悪化します。よくなったように見えてもスキンケア(皮膚の汚れを落とし、保湿剤を塗る)は続けなければなりません。その場合は、薬効成分の入っていない「白色ワセリン」などの保湿剤を中心に使います。皮膚の乾燥の程度によっては、一日2,3回塗った方がよい場合もあります。この方も、紫雲光などで落ち着いた後は、白色ワセリンを塗るとよいのではないでしょうか。

また、かゆみがある間はかき破って治りが悪いので、1,2週間、内服のかゆみ止めを併用すると効果があります。小児科などで相談して処方してもらってください。

                          徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ