1歳1ヶ月の息子です。もともと皮膚が弱く、卵ボーロ、茶碗蒸 し、パンなどをあげた際お腹や肩に赤いブツブツができたため大きな病院で検査したところ、非特異的IgE 117 IU/mL、卵白 1.98 IU/mL (クラス2)、オボムコイド 1.54 IU/mL(クラス2)で、卵白アレルギーと言われました。卵白を制限する場合、お菓子やパン、フライのつなぎに入っているものなど、全ての卵白を除去したほうが良いのでしょうか?それとも多少の湿疹なら与え続けてもよいのでしょうか?現在、特に痒がっている様子はありません。また、麻疹やインフルエンザも受けてしまいましたが、大丈夫でしょうか。次の予約まで4か月あり、それまで先生に相談することができません。次回の予約日まで何を気をつけたらよいでしょうか。

 

 「非特異的IgE」は、体のトータルなアレルギー性の目安となる値で、成人では170以上、乳児では100以上などで異常値と考えます。異常と判断する基準値は、検査する施設によって変わりますので、必ず検査した施設で判断してもらう必要があります。

「オボムコイド」は卵白に含まれる、熱に強いタンパク質です。これに対する反応が出る人では卵白の二次食品(材料として卵白が使われていて、加熱などの加工を受けている食品)の摂取でもアレルギー反応が出やすいと言われています。

ご質問の方の「非特異的IgE 117」「卵白、オボムコイド
クラス2」は、それほど強い反応ではないのですが、実際に二次食品の摂取で発疹が出ているため、ある程度の制限が必要な方と考えられます。

制限食を行う場合は、検査データだけでなく、皮膚症状の程度、他のアレルギー疾患の有無、家族内のアレルギー疾患の有無などを総合的に判断して指示しますので、どの程度の制限を行うかは個別に主治医の先生と相談していただいた方がよいでしょう。次回予約日まで日にちがあるようですが、疑問があれば早めに予約を取るなりして相談された方がよ
いでしょう。

食物アレルギーについては、

食物アレルギー
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/39.html

卵アレルギー
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/93.html

アレルギー検査(RAST法)
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/178.html

食物アレルギーに対する除去食
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/289.html

も参考にしてください。

また、ベイビールームトップの「ベイビールーム内検索」で、「食物アレルギー」などのキーワードで検索していただくと、他にも出てきます。

                          徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ