現在生後10ヶ月の子を持つ母です。自分と上の娘の食事から取り分けて食べさせる時、酒やみりんを使った煮物も食べさせてしまっていました。「避けた方がいい」という記述を読み、あわててメールしています。みりんや酒は少量でも赤ちゃんの体にかなり支障があるのでしょうか?どんな支障があるのでしょうか?実はだしの素も使ってしまっていました。もう遅いかもしれませんがこれまで摂取した物が今後の成長に悪影響を及ぼすのではと心配しています。教えてください。

 

 「本みりん」は米、米麹、焼酎から作られ、13-14%ものアルコールを含んでいます。料理酒も当然アルコールを含んでいます。煮物などに使うときはかなり長時間火にかけてアルコール分を飛ばしてしまうので、実際に食べるときに煮汁に含まれているアルコール分はほんのわずかだと思います。また、その煮汁をグビグビ飲むようなこともないと思いますので、実際に体に入るアルコール分はほとんど問題にならないと思います。
以前掲載した、

離乳食
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/43.html

では、料理酒やみりんを多量に使ったり加熱時間が短い場合にはアルコール分が残っている可能性があると考え、使用を控えるようにお話ししました。

乳幼児は肝臓でのアルコール分解能力が低く、ごく少量でも顔が赤くなる、意識がぼんやりするなど急性アルコール中毒の症状が出ることがあります。ですから逆に、これまでそのような症状が出たことがなければ、離乳食のアルコールも十分に抜けていて、アルコールの影響はなかったのではないかと思います。

なお、最近は「みりん風調味料」というものもあります。これはアルコールを含んでおらず、その他の調味料でみりん風に味付けしたものなので、アルコールに対する心配は不要です。
「だしの素」は成分に化学調味料を使ったものも、自然の素材を乾燥させたものなどもあり、一概によい、悪いとは言えません。風味などの面からは自然の材料からだしを取るに越したことはありませんが、一般的なだしの素が健康に大きな影響を与える可能性は低いと思います。気になるのであれば離乳食用として作られているだしの素を利用されてはいかがでしょうか。

                         徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ