目の下(頬骨のあたり)に片方だけ「しこり」があります。さわっても痛がりません。何日か観察していますが大きさはほぼ同じです。近くの病院では「単な

る炎症」としかいわれずわからないみたいす。やはり大きな病院に行ったほうがいいのでしょうか?

 

 この「しこり」が何であるかは、経過(いつからあるか、変化)、性状(大きさ、固さ、発赤・熱感・痛みの有無など)、部位、合併する症状・所見などを詳しく確認して目安をつけ、必要があれば検査を行います。

「しこり」に変化が出てきた場合(大きくなってきた、赤みが増してきた、しこりの部分の熱感が出てきた、膿んだようになっている、発熱などの全身症状も出てきた、など)には早めに診察、検査を考慮した方がよいでしょう。大きな病院での検査としては、血液検査(特に特殊項目)、超音波、CT、生検(しこりを切り取って調べる検査)が考えられます。

このような「しこり」についての一般的な考え方は、

くっついたしこり(総合病院を受診すべきか?)
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/236.html

を参考にしてください。

ご質問の「しこり」について特に考慮すべき点としては、「目の下にある」という事でしょう。場所や大きさなどによっては視力への影響を考えねばならないでしょう。
また、目立つ場所なので、特に女の子の場合には美容的なことを考える場合もあります。

これらのことが気になるようであれば、眼科、形成外科などのある総合病院を紹介してもらうのがよいでしょう。

しこりの診断については、

首のしこり
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/138.html

わきの下のしこり
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/198.html

も参考にして下さい。

   徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ