4ヶ月の男の子です。生後2ヶ月頃より頬と耳の付け根に湿疹が出ました。初めは赤いプツプツした湿疹でしたが、ひっかいてジクジクしてきました。皮膚科でロコイド軟膏と保湿クリームを処方され、カサカサした部分は保湿クリームで気にならない程度になりました。ジクジクした部分はロコイド軟膏を塗るといったんはきれいに治ります。しかし、1週間ぐらいで止めるとまたジクジクしてしまい、この繰り返しで1ヶ月経過しています。「5日ぐらい塗って良くならなければ再診して下さい」と言われていましたが、ステロイドのグレードがアップしていくのが怖くてなかなか行けずにいます。この場合、やはりステロイドのグレードはアップしていくものでしょうか?また、軟膏の止め時は受診してからの方が良いのでしょうか?この様な湿疹の場合、軟膏で良くなった後どのようなスキンケアをしたら良いのか教えて下さい。

 

 ロコイドは「中ぐらい」の強さのステロイド外用剤です。ご質問の方は、ロコイドの外用で一旦は治るのですから、ステロイドの強さはこのクラスでよいのでしょう。ただ、皮膚の赤みが取れて一見よくなった後も、皮膚の「炎症」状態は残っており、かゆみがあります。このかゆみが取れないと、かき破ってまた悪化してしまうため、赤みが取れた後も、3,4日程度は軟膏を塗り続けましょう。寝ている間に掻いてしまう、という場合は、寝る前に抗ヒスタミン剤(かゆみ止め)の飲み薬を飲むとかき破りにくくなります。また、ロコイドをやめた後も保湿軟膏を続けて塗ると皮膚のよい状態を保つことができます。

ロコイドで湿疹が完全に消えない場合や、掻き破りがひどくてできるだけ短期間に治療したい場合は、ワンランク上の「強い」ステロイドを使います。強いスロイドは、一見副作用も強く出そうに思いますが、炎症を強力に抑えて早く皮膚の状態をよくし、短期間で弱いステロイド〜保湿剤等に変えていけば問題は ありません。むしろ、弱いステロイド剤を長期間ダラダラと使う方がステロイドの副作用も出やすくなります。特に、顔は体のほかの部分よりステロイドの副 作用が出やすいので、早くステロイドを使わないでよい状態にもっていくことが大切です。

皮膚科でも小児の診療に慣れていないところでは、大人と同じように「薬がなくなったら来なさい」等の指示をされるところもありますが、小児では(特に乳児では)短期間で皮膚の状態の変化を見ていくことが必要です。

軟膏の「止めどき」も最初は分かりにくいと思いますので、皮膚の状態が落ち着くまでは週に1回程度受診して、要領を教えてもらうのがよいのではないかと思います。また、この方のスキンケアは保湿が中心になると思いますが、具体的には皮膚科で相談されるのがよいと思います。

スキンケアについては以下のページも参考にして下さい。

乳児湿疹(2か月)
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/80.html

ステロイド外用薬の使い方については以下を参考にして下さい。

ミルク開始後の湿疹
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/111.html

アトピー性皮膚炎の治療
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/246.html

                          徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ