現在、アメリカに住んでいます。もうすぐ11ヶ月になる息子が居るのですが、先日、乳腺炎になり抗生物質を毎日飲んでます。おっぱいから黄緑の液体が出ます・・・。しかし、ドクターはおっぱいを赤ちゃんにたくさんあげなさいって言うのですが、本当にあげて良いのでしょうか?私としては、薬も飲んでるし、おっぱいの色が違うので、あげたくないのですが・・・。 おっぱいの変わりにミルクをあげようと思ってるのですが、息子は哺乳瓶は嫌い、粉ミルクの味も嫌い、離乳食に粉ミルクを混ぜただけで食べてくれないと言った状態です・・・。どうしたら良いのでしょうか? 

 

 乳腺炎には、乳汁が乳頭から排出されずにたまってしまうためにおこる「うっ滞性」のものと、そこに細菌が繁殖しておこる「化膿性」のものがあります。

「うっ滞性」の場合は乳房のマッサージをしたり、赤ちゃんによく吸わせたりしてたまった乳汁を外に出してあげるだけでよくなる場合が多いと思います。

「化膿性」の場合も軽い時は「うっ滞性」の場合と同様に、乳房のケアとしっかり哺乳させることでよくなる場合もあります。しかし、乳房の腫れや痛みが強かったり、発熱を伴うなど症状が強い時には抗生剤を使ったり、場合によっては切開して膿を出す必要があることもあります。

抗生剤を使っている時でも、通常は授乳を続けてもらいます。ただ、母乳の味が少し変わるので飲みが悪くなる場合もあるようです。
授乳をやめるとかえって乳腺炎が悪化したり、治るのに時間がかかることがあります。また、授乳をしない状態が長く続くと母乳の分泌も悪くなり、乳腺炎が治ったあとに母乳不足になることがあります。あまりにドロドロな膿が出てくるような場合には授乳を控えてもらうこともあるかと思いますが、その場合も乳房を搾ったり、搾乳器を使ったりしてたまった乳汁を排出しなければなりません。

抗生剤の内服中は母乳にも抗生剤が分泌されていますが、赤ちゃんが飲んでも影響の少ないものを選んでくれていることと思います。母乳の色が違ったりして 抵抗があるかも知れませんが、母乳中の細菌は赤ちゃんの胃の中で殺菌されるので、それほど悪影響はないはずです。また、きちんと吸わせて早く乳腺炎を治す方が、トータルでは赤ちゃんにとって有益ではないかと思います。

ご質問の方の乳房の状態や乳汁の性質などは実際に見てみないと分かりませんので、上記のようなことを踏まえてもう一度主治医に相談されてはいかがかと思います。

                           徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ