27才の既婚女性です。8才頃から、1年に2回程度、突然何の前触れも無く、おへそを中心に縦のラインで筋肉かすじがつったような激痛に襲われます。痛みで真っ直ぐに立つことも歩く事も出来なくなります。痛みはは数時間は続き、排尿時には痛みが増強して、数滴ずつしか出せなくなります。強い痛みがない時でも、おへそを押さえると常に痛く、シャワーのお湯がおへそに当たるのさえ軽く痛みを伴います。現在は少しおへその奥のほうが赤くなっています(いつもではありません)。おへそを押されるのが怖いのですが、検査は触診しかないのでしょうか。また、どんな病気の可能性があるのでしょうか。

 

 成人の方のご質問ですが、「小児期からの腹痛」、ということで考えてみたいと思います。

腹部の診察方法としては、聴診、触診が基本ですが、触診できないほど痛ければ、その痛みそのものが「異常所見」となり、それ以上の触診はしないのが普通です。特に、小児の場合は痛い所を無理に押さえるとそれ以上の診察ができなくなってしまうことも多いので、「痛くない所」から診察していきます。

この方の場合、「時々激痛、普段も押さえると痛い」ということのようですので、痛みの少ない時に受診した方が診察がしやすいでしょう。触診による痛みに恐怖感があるのであれば、あらかじめ伝えていただければ痛みが少ないように診察してもらえると思います。場合によっては痛み止めの注射などをした上で触診する、という方法もあり得ます。

触診の他の検査としては、腹部のレントゲン、エコー、CT、MRIなどがあります。エコーなら軽く押さえるだけなので触診よりは痛みが少なく、多くの情報が得られます。腹部CT、MRIは腹部に直接触れないので痛みはありません。その他、血液検査で炎症反応などの確認も行います。

ご質問の内容だけで痛みの原因疾患を特定するのは難しいのですが、排尿時痛といえば膀胱炎、おへそが赤いのならば臍部の炎症などがあるのかも知れません。その他、腹部にあるものはすべて痛みの原因となり得ますので、皮膚、皮下組織(臍部も含む)、筋肉、腹膜、腸管、膀胱、尿管、腎、子宮、膣、卵管、卵巣などの異常(感染、炎症、腫瘍、捻転、先天的構造異常など)をチェックする必要があるでしょう。

痛みが長期に続いているようですので、一度はきちんと診察、検査を受けることをお勧めします。受診するのであれば、エコー、CTなどの検査設備が整い、内科、外科、婦人科などがそろった総合病院がよいと思います。どこの病院がよいかわかりにくければ、かかりつけ医院で相談して、どちらかよい病院を紹介してもらっうとよいでしょう。

                       徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ