1歳8ヶ月の息子ですが、言葉が1つも出ません。こちらの指示や問い掛けには理解している様に思えます。音に対してはどちらかといえば敏感な方で耳に異常がある様には思えません。毎日1.2回散歩に連れて行き、絵本の読み聞かせも欠かさず行い(1日30分〜1時間)、TVは1時間程度という日課です。
指差しして何か喋っている事は多く、絵本などで「うわぁ」や「あー」の箇所を一緒に言ったりはしますが、自分の要求や興奮状態の時は「フン フン」言うだけです。また、丸い物、回る物、転がる物、蛍光灯に対して異常な程興味を示し、自閉症などの障害があるのか心配です。

 

 1才8か月で有意語が全く出ないのであれば、1才半健診を受診していれば継続健診か小児科受診などを指示されたのではないかと思います。
まずは小児科で全体的な発達のバランスをチェックしてもらうのがよいでしょう。
手足の運動や身の回りのことをする力、社会性に全く問題がなく、こちらの話す言葉の理解も年令相当であれば、ただ単に発語が遅いだけかも知れません。

逆に、全体的に発達が少しずつ遅く、それに伴って言葉が遅いこともあります。この場合は言葉だけでなく、運動や生活を含めた全般的なトレーニングが必要 なこともあります。

言葉の問題ですので、耳の聞こえが悪くないか、耳鼻科でのチェックもしたほうがよいでしょう。指示に従うことができれば耳は聞こえているはず、という判断をすることも多いのですが、中には耳がほとんど聞こえないのに、親の身振りや口の動きで指示を理解しているような場合もあります。大量の耳垢や滲出性中耳炎で耳の聞こえが悪くなっていることもあります。聴覚神経が正常かどうか、音を聞かせて脳の反応を見る検査(聴性脳幹反応:ABR)も必要かも知れません。いずれにしても、聞こえが悪くて言葉がでない場合には早いうちに発見して治療したり補聴器をつけたりしないと言葉の遅れを取り戻せないことがあり要注意です。

自閉症は、1)社会的相互関係の障害(目を合わせない、相手の感情が理解できない、共感ができない、など)、2)コミュニケーションの障害(ことばの遅れ、一方的な会話、対人関係を築けない、など)、3)反復性、儀式的異常行動、固執性(同じ順番でしないと気が済まない、など)といったきちんとした診断基準があります。診断のためには、基礎疾患の有無を検査することや、発達検査などが必要になります。

まずはかかりつけ小児科医で相談し、必要があれば総合病院の小児科(または小児神経科)、耳鼻科などを紹介していただいてはいかがでしょうか。

        

                     徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ