何も無くても赤ちゃんは毎日熱を測ったほうが良いのでしょうか?

 

 体温の変化(発熱)は病気の状態を判断するとき、ある程度の目安にはなります。しかし、発熱だけで判断するものではなく、赤ちゃんの機嫌、顔色、哺乳や
睡眠の状態、咳、鼻水、嘔吐、下痢など熱に伴う症状の有無などを総合的に判断すべきものです。

毎日熱を測る必要はないと思いますが、初めてのお子さんであれば、調子が良い時の体温を1日に何回か測ってみて、お子さんの平熱を把握しておいてもよい でしょう。赤ちゃんの体温は大人より高めで、37。5℃までは正常と考えてけっこうです。また、その時の皮膚の暖かさがどれくらいというのを触って覚えておくと、何か不調があるとき、「いつもより熱い、熱がありそうだ」というのが分かりやすくなると思います。体温を測るのはその後でよいのです。          

                     徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ