しゃべり初めが遅く、5歳のいまでも何を言っているのかわからないときがあります。なにか病気なのでしょうか?また、親はどう対処すれば良いのでしょうか?

言葉が遅くても、運動の発達が年齢相応で、こちらの言っていることもよく分かっているようなら、問題のないことも多いものです。はっきり分かる言葉もある程度出ているのなら、もう少し様子を見てもよいかも知れません。

 発音の不明瞭に対しては、こどもが不正確な言葉を発したときに、親が正しい言葉をはっきり、ゆっくり言ってあげるとよいでしょう。たとえば、「○△○」、と言ったら、「そうね、○○○ね」、といった具合です。決して、「違うでしょう」、というようにこどもの発音を否定したり、無理に矯正したりしないで下さい。

 問題になるのは、運動などその他の発達も遅い場合や、聴力障害のある場合、「粘膜下口蓋裂」など、発音に関わる口の中の異常などがある場合です。なかなか分かりにくいことも多いので、気になれば小児科で相談してみるとよいでしょう。また、幼稚園や保育園に行っているなら、集団の中での遊び方の様子や、お友達との関わり方などを聞いてみると参考になります。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ