現在6ヶ月の男の子です。2週間前ぐらいから咳が気になり病院で見てもらったのですが、初診では咳止めをもらってかえりました。その後、泣いている時に 咳が出て苦しそうにしていたので1週間後また見てもらったら、クループと診断されました。就寝前に飲むシロップを2日分追加で出してもらい飲ませていますが、急変したりする事もある病気だと知り不安でたまりません。今は機嫌が悪い事もありますが、食欲もあり思ったより元気です。クループとはどんな病気で今後注意したらいい事があれば教えて下さい。お願いします。

 

 Sクループは喉頭部(のどの奥の声が出る部分(声帯)の周辺)に炎症を起こし、犬が吠えるような「ケン、ケン」という特有の咳(犬吠様(けんばいよう)咳嗽)が出る疾患です。咳をした時のノドの痛みは非常に強く、また症状が強いときには息を吸うときに胸やノドがへこむようになり息がしにくくなることがあ ります。治療は、咳止め、炎症止めの飲み薬や、喉頭部の腫れを取る吸入を行います。多くはウイルス性で、数日以内に症状は治まってきますが、呼吸がしにくいなどの症状が強い時は入院して点滴をしながら吸入を繰り返す治療をすることもあります。気管支にも炎症がある場合には、犬吠様咳嗽の後に痰がらみの咳が続くこともあります。

細菌感染によるものもあり、特に喉頭部の中でも「喉頭蓋」と呼ばれる喉頭部の入り口の部分に炎症を起こした場合(急性喉頭蓋炎)には、急激に呼吸状態が 悪くなることがあります。「急変する」というのはこのことを言われたのだと思います。高熱を伴い呼吸困難が強いときにはこの細菌性の急性喉頭蓋炎でないかどうか注意深く見守る必要がありますが、幸い、日本では発生頻度が少ない疾患です。

ご質問の方は経過が長いのでおそらく上気道炎か気管支炎にクループを併発したものと思います。今回のクループの症状は数日で治まると思いますので、あと は気管支炎の治療をしっかりすればよいでしょう。また、クループになりやすい方もいるので、今後同じような咳が出た場合には早めに診察を受けて吸入や投薬を受けるとよいでしょう。

                        徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ