2歳3カ月の娘がSSSSで入院しました。鼻腔からMRSAがみつかりました。その二週間前に腕のあざにレーザーを行い、その傷が完治する前に家の子供用プールに入るなどしました。SSSSはこの火傷から細菌が入ったのでしょうか?またキャリアになった今後、大病を患った時に、命に関わるようなことも あるのでしょうか。この子が妊娠した時などのことも不安でしかたありません。

 

 SSSSは「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」の略で、体のどこかで黄色ブドウ球菌が増殖し、その毒素が全身に回って起こります。皮膚の傷が化膿したりと びひ様になり、黄色ぶどう球菌が検出されたのであれば、そこが原因の可能性もありますが、一般的にはのど(咽頭)や鼻(鼻腔)で増えた菌が原因になると 言われています。

鼻腔からMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が出ていますので、おそらくこちらがSSSSの原因の可能性が高いと説明されたのでしょう。鼻腔の細 菌検査で抗生剤のうちどれがMRSAに無効でどれが有効かが分かりますので、有効な抗生剤を選択して治療が行われたはずです。しかし、鼻腔内の細菌を完 全に消してしまうことは難しく、この方も退院時に鼻腔内にMRSAが残っていて「キャリア」と説明されたのだと思います。

鼻腔内にMRSAが残っているのに病気がぶり返さないのは、抗生剤で細菌の量が減り、また一旦感染症を起こして体に免疫力が付いたためです。一般に健康 なキャリアでは自分がMRSAによる感染症の症状を起こすことはありません。むしろその人から抵抗力の弱い人(寝たきり老人、新生児、癌などの治療で免疫力が落ちている人、など)に感染することの方が問題になり、そのような人と接触する前に手洗いをしっかりすることが必要です。(もっとも、知らずにMRSAを持っている人は世の中にたくさんいるので、「キャリア」と言われていてもいなくても、手洗いはきちんとしなければなりません。)

また、鼻腔にいるMRSAは、治療しなくても数ヶ月で自然に消えてしまうと言われています。まれにかかる「大病」(白血病や手術が必要な心臓病、その他 寝たきりになる病気など)になる前に消えてしまう可能性の方が高いでしょう。もちろん、妊娠、出産は20年以上先のことと思いますので、まず問題はありません。

MRSA、SSSSについては、
耐性黄色ブドウ球菌
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/172.html

とびひ
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/244.html

も参考にして下さい。

                          徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ