1歳2ヶ月の女児です。複雑型熱性けいれんの既往があります。過去に2回おこなった脳波検査も異常が見られ、MRI検査をすすめられました。あんなドンカラうるさい検査に乳児が耐えられるのか不安です。眠っている間に検査をと言いますが、無理ではないかと…。全身麻酔でもしないかぎり、暴れるのではないかと思うのです。1歳2ヶ月の子に麻酔はだめなのでしょうか。検査を前に、ちゃんと受けられるのか心配で、メールをしました。

 

 MRI検査は、ご質問にもあるようにかなり大きな音がする検査です。検査時間も30分程度かかり、その間動いてはいけないため、乳幼児は眠らせて検査します。眠りが浅いと途中で動く事も多いため、検査用の睡眠剤を使うことが多いと思います。MRI検査時の睡眠剤は、手術の時の全身麻酔薬のような強いものではなく、呼吸を抑制する作用の少ない、安全性の高いものを使います。それでも、MRI検査中の音では目が覚めない程度の十分深い眠りが得られます。シロップや坐薬の薬があり、検査の30分ぐらい前に使用して眠らせます。

最初の量で眠らないときは、何回か薬を追加することもあります。副作用として、検査後の眠気があります(眠らせる薬なので当然ですが)。目が覚めた後も半日くらいフラフラした状態が続きますので、目が覚めて立ったたときに倒れて頭を打ったりしないように注意が必要です(できたら寝かせておく、一人で歩かないよう目を離さない、周囲に危険なものを置かない、等)。

検査後の眠気を少なくするためにはなるべく薬の追加なしでも眠りやすい状態にしてあげる方がよいでしょう。そのために、検査の前日はいつもより30分から1時間程度遅くまで起こしておき、朝は逆に30分から1時間程度早く起こし、寝不足の状態にしておきます。また、朝起きてから病院に来るまでの間に眠ってしまわないようにして下さい。

脳波検査も、頭に電極をつけてから取り終わるまで30分以上かかるため、乳幼児では眠らせて行います。このときに睡眠剤を使っているとすれば、MRI検査でも同じ薬を使います。脳波検査は途中で多少動いても検査を続けられるため、睡眠剤を使わず自然睡眠で取ることもあります。しかし、MRI検査の時は動くと検査ができないため、睡眠剤の使用はほぼ必須です。この方もおそらく睡眠剤を使って検査すると思いますので、薬の使い方や、投与前後の注意などを主治医によく確認して検査を受けて下さい。

                           徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ