現在1歳7ヶ月の女児です。生後1ヶ月ぐらいから、右目の上から鼻にかけてまわりは青く真中に赤い部分がありふくらんできました。現在形成外科でヤグレーザーにて治療中です。海綿状といちご状が併発しているようです。一般的には今後どのような結果になっていくのでしょうか?

 

イチゴ状血管腫は初期には盛り上がりが少なく、この時期に治療すると1回のレーザー照射で血管腫の組織を焼いてしまうことができます。照射後は「やけど」をした後のようになり、1-2週間で回復してきます。

レーザーはあまり深くまで届かないため、血管腫が盛り上がってきてからの治療では何回か照射を繰り返す必要があります。照射は短期間に繰り返す場合もありますが、健康保険の問題などもあり3か月以上間をおいて行うことが多いそうです。
盛り上がった血管腫では、レーザー治療後も皮膚のたるみが残ります。たるみ(シワ)が著しかったり目立つ部位だった場合はレーザー治療後に皮膚の形成手術も行うことがあります。その場合は少し年齢が上がり局所麻酔で手術ができるまで待つことが多いようです。

詳しくは、形成外科の主治医の先生にきいてみてください。

 

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ