1歳5ヶ月の男の子です。冬の間くつしたをはいていました。いつも指の間が水虫のように皮膚が荒れてしまいます。病院で検査をしてもらったら、水虫ではなかったのですがとてもよく似ていて、なかなか治りません。薬も軟膏を塗るのですけど、あまり効果がありませんでした。足の指の間だけ、そんな症状が出続けることがあるでしょうか。水虫は一生治らないとききますのでとても心配です。


 

水虫(足白癬)は白癬菌というカビの一種が皮膚について起こる疾患です。皮膚科では皮膚を少し削って顕微鏡で観察し、白癬菌の菌糸の有無を見て診断します。もし皮膚科にかかる前に市販の水虫薬を塗っていたのなら、菌が少なくなっていて検査に出なかった可能性もあります。

 水虫は、治らない病気ではなく「治さない病気」と言われています。水虫の軟膏をしばらく塗るとかゆみなどの症状は治まりますが、白癬菌はまだ残っています。塗るのをやめてしまうとしばらくしてまた再発するため、「治らない」というイメージがあります。完全に治すためには、症状が消えても2-3か月は薬を塗り続ける必要があります。塗り残しを作らない、広めに塗る、片足だけの水虫の場合は反対の足にも時々(週1回程度)塗る、などの注意も必要です。また、足の皮膚の清潔、乾燥にも配慮しなくてはなりません。
 他の家族にも水虫がある場合は同時に治療しないと、一度治った人にもまたうつってしまいます。爪に白癬菌が付く「爪白癬」になると塗り薬だけでは治らず、内服薬も併用しなければならず治療期間も半年くらいかかります。

 このお子さんが水虫薬を使う前に検査をして白癬菌がなかったのなら、水虫ではないのでしょう。汗や汚れによる湿疹などを水虫と間違えることは比較的多く、皮膚科の診断を受けずに水虫と判断して市販の水虫薬で治療しても治らないということはよくあります。(水虫ではないので当然水虫の薬では治りません)。
 いずれにせよ、治りにくいのであればもう一度皮膚科を受診して診断を受けた方がよいでしょう。また、ただ軟膏を塗るだけでなく、生活上の注意も含めたスキンケアの指導を受けてください。

 

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ