4歳の男の子です。1か月位の間、粘液状のクリーム色の便がパンツに出るため、病院でいろいろな検査(CT、血液、エコーなど)をしましたが原因はわかりませんでした。整腸剤等の薬をもらっていましたが、最近は普通の便がパンツに出てしまいま
す。量は少しなのですが、1日5、6回あり
ます。他の症状はなく日中は元気に走り回っております。粘液状の便が出た頃から一切の乳製品をやめています。食べ物との関係があるのでしょうか。ちなみに息子は野菜と肉はあまり食べません。

 

粘液便というと、感染性の胃腸炎(特に細菌性)や、粘血便が繰り返し出る「炎症性腸疾患」というものが考えられます。クリーム色(白色がかった色)というと、ロタウイルスによる胃腸炎や胆汁の分泌の異常(肝臓や胆道の異常)、脂肪の吸収不良による脂肪便、などが考えられます。また、下痢が長引く場合は、アレルギー性のもの、乳糖不耐(牛乳の中に含まれる「乳糖」という成分が消化できない)、大きい子ではストレスなどと関係した「過敏性腸症候群」などもあります。クリーム色の便とは別に普通の茶色の便も出るのなら、肛門近くの瘻孔(皮膚や粘膜にできたトンネル)や憩室(腸の粘膜などにできるくぼみ)などに膿がたまって、それが時々出てくるということもあるかも知れません。

乳製品と関係があるとすれば、牛乳アレルギー、乳糖不耐、脂肪の吸収不良が考えれるでしょう。しかし、「牛乳をたくさん飲ませると同じ症状が出る」、「牛乳をやめると症状がよくなる」というようなことがはっきりしているのでなければ、特別に乳製品を制限することもないのではないかと思います。

担当医の先生は、実際に診察したり便を見たりして他にも色々な鑑別診断を考えられたと思います。「原因が分からない」とのことですが、上に挙げたような色々な疾患を考えてそれを見分ける検査をしているはずです。検査によって、原因として予想されたどの病気が否定され、どの病気が(確定はできないまでも)可能性として残ったか、という聞き方で、主治医の先生に確認されたらよいと思います。

症状が一時的だったのであれば、感染によるものや、食事・生活の影響などの可能性が高いのではないかと思います。現在普通の便がパンツに出ているのであれば、以前 の粘液便とは別に、排便機能や排便習慣の問題として考えた方がよいかも知れません。乳製品、野菜等を含めた食事の指導も、主治医の先生に相談してみて下さい。

原因疾患がはっきりした方がすっきりはしますが、症状が治まってしまった後からそれを究明するのは難しいものです。特別な治療が必要な重症疾患が否定され、現在の便に問題がなく、本人も元気ならば、必ずしも特殊な検査を繰り返してまで原因を突き止めなくてもよいのではないかと思います。
同じ様な症状がまた出てきたり、検査の異常値が残っていたりする場合には、その時点で疑われる疾患に対する検査をもう一度する必要があるでしょう。

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ