2歳9ヶ月の娘がイチゴ状血管腫の治療で迷っています。現在までの治療は、1歳過ぎた頃にレーザー治療にて赤みを取っていただき、腫れが次第に減ってきました。来年から幼稚園に通うという都合もあり、切除していただくべきかどうかで迷っています。小さな子供が術後苦痛に耐えなくてはならないのかと思うととても心が痛みます。ご指導をお願いします。

以前、イチゴ状血管腫については以前「通常そのまま様子を見る」と書いたのですが、

(いちご状血管腫

http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/75.html

最近は少し事情が違ってきているようです。レーザー治療も普及してきて、皮膚科では新生児期でも積極的に治療するようです。もちろん、小児科や、レーザー装置のない皮膚科では、まだ「様子を見る」と指導されることもあると思います。

 方針が以前と変わってきた理由としては、

・そのまま様子を見ても完全に消えない場合がある

・自然に消えても、皮膚のしわなどが残る場合がある

・レーザー治療をするなら、初期の血管腫が小さいうちの方がきれいに治る

・自然に消えるまでの、本人や親の心理的負担が大きい

 等があげられます。

 小さい血管腫であれば、動かないように押さえながら、麻酔をせずに外来治療で行います。治療時の痛みは、「チカッ」と感じる程度だそうです。処置後は軽いやけどのような状態になるのですが、その状態は1週間程度で治まります。(レーザー照射部位の色は1−2か月かけて変化していきます血管腫の範囲が広い場合は、数回に分けて治療したり、2,3日の入院で全身麻酔をして行うこともあります。

 レーザー治療で血管腫が完全に消えなかったり、少し跡が残ってしまうこともあります。その場合は手術で傷を縫い縮めたり、植皮(体の他の部分から皮膚を取ってきて移植する)をすることが考えられます。

 ご質問の方が幼稚園に入る前に手術するかどうかについては、

・この時期に治療した方が傷の治りがよいのか(あるいはもう少し大きくなってからの方がよいのか)

・将来再手術が必要になることなどはないのか、

・手術以外の方法はないのか(外用薬など)

などを担当医の先生に聞いた上で決めていかれたらよいと思います。もちろん、術後の痛みがどれくらいあるのか、ないのか、手術でどれくらいきれいになるのか、入院期間や通院期間、経済的負担はどれくらいになるか、なども確認してください。

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ