はじめまして。6ヶ月の母親です。先日神経芽細胞腫の検査でひっかかり、再検査をして「異常なし」という事でした。が、1つの値が高くて再検査になったと聞き、異常なしでも心配です。値が高かったということは今後、発病する可能性はあるということなのでしょうか?今後の気をつけていく点などありましたら教えていただきたいのですが・・・。よろしくお願いいたします。

神経芽細胞種の検査(マススクリーニング)では、腫瘍細胞からたくさん分泌されて尿中に出てくる「VMA」、「HVA」という物質を測ります。値が高ければ、腫瘍が体の中にある可能性があると考え、再検査をし、それでも高い場合は精密検査になります。

 精密検査では、尿の再検、血液検査、レントゲン、腹部の超音波検査などを行います。これらの検査で腫瘍が発見されれば治療を行い、腫瘍が見つからなければ、尿検査を繰り返しながら様子を見ます。最初分からなかった腫瘍が大きくなってくる場合には、検査値が徐々に高くなってきますので、再検査を繰り返すうちにはっきりしてくるはずです。

 検査前にバナナを食べていたり、検査に出す前に尿をつけた検査紙を十分に乾燥させていない場合には、腫瘍がないのに異常値が出ることがあります。検査値が最初高くて低くなってくるのは、このような場合か、小さな腫瘍細胞が体の中にあって自然に消えていく場合です。

 いずれにしても、2回目の検査値が正常になっていれば問題なく、精密検査も必要ありません。また、一度異常値が出たから発病しやすいということはありません。(ただし、マススクリーニングの時には全く異常がなくても、その後に腫瘍ができてくることもまれにあります。)

 ちなみに、私のいる北九州市では、年間約8500人〜9000人がこの検査を受け、異常値が出て再検査になる人が約200〜250人、そのうち、実際に神経芽細胞種を発症した人は0〜3人です。

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ