5ヶ月の男の子です。産まれた時から頭がやや大きく真っ直ぐ向いて寝れませんでし た。そのせいか 右側頭部がぜっぺきになってしまい横から見ると右側の顔が前にで てしまっています。近医の小児科にも 相談しましたがいずれ直ると言われて矯正の ヘルメットのようなものの使用も相談したのですがあまり 効果はないからと言われ てしまいました。本当に自然に変形は良くなるのでしょうか?矯正の様なものの効果 は期待できないのでしょうか?息子の顔もやや曲がっているみたいなので心配でたま りません。

新生児期から乳児期の赤ちゃんには「向き癖」があり、反対を向けていても自然に一 定の方向を向いてしまうことがよくみられます。首が座り寝返りが始まる5、6ヶ月頃 まではそのように一定方向を向いて眠っている時間も長く、また首の力が弱いため起 きている間も頭を好きな向きに向けることがなかなかできません。そのため下の方に なる側頭部が扁平になってしまうことがよく見られます。

 月齢が上がってくると首の力が強くなって向き癖と反対の方を向くことも自由にでき るようになってきます。また、寝返りが始まると起きている間は勝手にうつぶせにな って頭を持ち上げていたり、ずりばいやハイハイもし始めるため、頭の同じ部分が床 についている時間は次第に短くなってきます。1歳ぐらいまでは頭の骨は柔らかく、 一部が扁平になっていた頭も次第にきれいな形になってくることがほとんどです。

 枕などを使って反対を向けて寝かせて頭の形を矯正しようとすることがありますが、 赤ちゃんにストレスになるだけでほとんど効果はないでしょう。

 正常に発達していれば直ってくるものですから、月齢相当の発達をしていることを確 認してもらいながら様子を見ていけばよいと思います。

 

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ