1780gで生まれた男児ですが、股関節が硬いと言われました。今6ヶ月になりますが手 足をよく動かし首も左右に動かし寝返りもうてる様になりました。なのに、どうして 精密検査が必要なのでしょうか。

股関節が硬いという場合は、先天性股関節脱臼や筋緊張亢進(体の筋肉が固い)を考 えねばならないと思います。

 先天性股関節脱臼は、診断が遅れると治療が難しくなることもありますので、疑われ れば早めに整形外科でレントゲン検査をすることを勧めます。

 筋緊張亢進の場合は、血液検査や頭部MRIを行います。原因疾患が分かれば、治療を 早く始めることで症状の進行をくい止めることができる場合があります。また、症状 の進行や合併症の予測もしやすくなりますし、リハビリの計画も立てやすくなりま す。はっきりした原因疾患がなければ、運動発達の遅れなどが出てくるまでは特別な 訓練はせずに様子を見ることもよくあります。

股関節脱臼

http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/127.html

にも書いていますので、そちらも見て下さい。

 このお子さんのような「低出生体重児」(出生体重2500g未満の赤ちゃん)の場合 は、色々な合併症がないか、成長、発達に異常ないかどうか、主治医の先生は、満期 産で普通の体重で生まれたお子さんよりは慎重に見ていると思います。その結果股関 節の固さが気になったので検査をすすめられたのだと思います。

 検査については、今診断することのメリット、診断が遅れた場合のデメリットなどを 詳しく聞かれたらよいと思います。

 また、出生前後の赤ちゃんの状態や出生後の回復の状況によって、どのような合併症 が起こりやすいかは違ってきます。このお子さんにどのようなリスクがあるのか(あ るいはないのか)という点も、主治医の先生によく説明してもらうとよいでしょう。

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ