生まれた時から一種のクセなのかどうかわかりませんがたまに口をガクガク痙攣を起こします。ときどき起こすので、口の痙攣が何か他に悪いところがあって出る症状なのかどうか気になります。

どのような状況で口がガクガクなるのか質問からは詳しく分からず、異常かどうかは何とも言えませんが、それを見分けるためには、以下のようなことに注意して観察します。

1)口のけいれんの状態:

どのようなときに起こるのか(寝入りばな、起きがけ、目が覚めているとき、等)、どのくらい続くのか(一瞬、2・3秒、数十秒...)、頻度はどれくらいか(1か月/1週間/1日に何回、起こるときは続けて起こる、等)、口のどの部分か(唇全体、右だけ、左だけ)

2)口以外の部分の状態:

 口以外の顔の筋肉の状態(まぶたもぴくぴくする、等)、目の状態(目が上を向いている、右または左によっている、等)、手足や体の状態(手足に力が入っている、力が抜けている、ぴくぴくしている、等)顔色(チアノーゼ、潮紅、等)、発汗等

3)その他の状態:

 外表奇形、哺乳状態、体重増加、活動性、その他発達の状況等

 

1)、2)は病院で診察しただけでは分からないことが多く、おうちの方にしっかり見てもらわなければなりません。3)は小児科で判断してもらえばよいでしょう。

口のガクガクの原因としては、脳や神経の異常、顔の筋肉の異常、体の中の異常(血糖や電解質の異常など)などが可能性として考えられます。これを確かめるための検査としては、血液検査、脳波、頭部CT・MRI、尿検査などがあります。血液検査は針を刺すときに痛いだけですが、脳波、CT、MRIは検査のために睡眠剤で眠らせることが必要です。これらの検査に異常がなければ、正常範囲内(「生理的」)であろうと考えます。

症状が軽く(時間が短い、回数が少ない)、全身状態が良く(飲みがよい、機嫌がよい)、発育、発達に問題がなければあわてて色々検査をする必要はありません。気になることがあれば、最初にあげた点に注意して観察した上でまずはかかりつけの小児科に相談し、必要があれば検査の設備があり、小児神経科のある病院を紹介してもらうと良いでしょう。

                 徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ