ベイビールーム

先輩ママの子育て日記

質問

病院で処方された薬で使わなかったものはいつまで飲めるのでしょうか?また、ちょっとした風邪のような時、市販の薬を与えていいのかどうか判断に悩みます。簡単に手に入る市販の薬との使い分けを教えて下さい。

答え

水薬は1週間、粉薬は1か月、錠剤は6か月、坐薬は1年くらいを目安にして下さい。

 ただし、「病院で出された薬はそのときに飲みきる」のが原則です。抗生剤は、全部飲んではじめて十分きくように出してあるはずなので、きちんと最後まで飲みましょう。また、病院で処方する「かぜ薬」は、咳、鼻水など、病院にかかった時の症状に応じて薬の組合せを変えているので、次のかぜの時には十分に効かないかも知れません。途中でやめて残りをとっておいてよい薬かどうかは、先生に聞いておきましょう。

 とりおきにしてよい薬の代表は、熱さましや吐きけ止めでしょう。こどもは、年齢や体重によって薬の量が変わるので、とりおきを使うときは、先生に、使う量を確認しておくとよいでしょう。

 見た目に色が変わっているもの、包装が破れているもの、変形したりとけたりしているもの、粉がくっついているものは上に書いた期間内でもやめて下さい。また、もっと長もちするものもありますし、粉薬は混ぜ合わせている内容によっても持ちが違うので、処方した先生や薬剤師さんに聞いてください。タッパーなどに乾燥剤と一緒に入れておくか、冷蔵庫に入れておくと、より長もちします。

 市販薬は、咳止めや熱さましなど、症状をおさえる成分が主で、量も少なめに入っていることがほとんどです。かぜ症状(咳、鼻水、熱など)があるけどいつもと変わらず元気で、食欲もある、という場合は、とりあえず使って様子を見てよいと思います。

 そして、病院の薬の余りを使用する場合も同じですが、薬を使っても症状が1、2日以上続いたり、かえって重くなるとき、頭痛・嘔吐・発熱など症状が重なるとき、ぐったりしていたり、苦しそうなときは早めに病院を受診しましょう。

 また、6か月未満のあかちゃんの場合は、症状が分かりにくく、病気が急にひどくなることもあるので、市販薬で粘らず、早めに診察を受けた方が安心です。


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ