『木の花ガルテン』
 

 

 

欧風造りの洋館が2つ、流行のイングリッシュガーデンが施された庭と
玄関から木造の階段を上り、中に入ると梅ジャムに苺やオレンジのジャム、
種類豊富な梅ぼし、梅のリカー、焼たての手作りパンからクッキー、
男鹿焼(陶器)に木工芸品、手作りアクセサリーに何故かブリキの車の
おもちゃなどが並んでいます。




・・・と、一番奥に開らかれたままの扉を発見。 

 

行くとたどり着いたのは・・・「梅干しの石蔵」
(中国から運んできた300トンの花崗岩を惜しげもなく使ったそうな)


『日本最古の梅干し』
・・・430年前の梅干しで和歌山城が兵糧のため埋蔵していたものだとか。



その隣は新鮮でみずみずしい野菜に果物、お花、手作りのお菓子などの並ぶ
青空青果売り場。この日、プラムは太陽の光を思いきり受けて大きく育った、
と言わんばかり、今にも弾けそうなくらいパンパンでみずみずしいものでした。

 

 

 

ひょうたん(8000円から10000円!)やカブトムシ(300円)も販売。

 ▼場所:『木の花ガルテン』大分県日田郡大山町千丈 ▼TEL:0973-52-3530

 ▼営業:9:00〜18:00 ▼年中無休(1/1、1/2のみ休み)