上向きの風の第三世代ユーザー/
  大手ネットとインターネットのプレッシャー

コアラ内の和気あいあいのムードと、県外での大分の情報化政策の評価は新しいメン
バーを産み育てていく。
大分にUターンして家業の布団販売店を手伝っている森晴繁君が相談がある、とい
う。えらい改まった口調なので、なんだろう、と、首を傾げながら聞いてみると、県
の村おこしグループ事業にコアラメンバーでチームを作って応募したいが、そのチー
ム名にコアラの名前を冠して使っていいだろうか?、という。
そりゃぁ、名前を使うことはかまわないがなんのこと?
県庁広報公聴課は92年(平成4年)度になって県の新しい地域おこし政策の一環と
してNEO21塾(NEO;New Exciting OITA! )を新発足させる、ついては独自の事
業アイディアをもってチームを組んで立候補すればその地域おこし学習に予算を付け
よう、という。それで、それに「コアラNEO21」という名前で応募したい、とい
うことだった。
面白い。
コアラ創設期の私たちは「地域おこしとしてパソコン通信に取り組んだ」のだが、彼
らは「せっかくあるパソコン通信を使って地域おこしをやってみよう」というまった
く異なる世代のようだ。しいていうならば、私たちが第一世代ならば、第二世代は
「パソコン通信を楽しむ」グループであったしそういった会員の広がりがここ昨今の
動きであったが、彼らコアラNEO21グループは第三世代とでも呼べるのではない
か?
彼らは「公共ネットワークとなっているコアラや豊の国ネットを使って大分を知りた
い、多くの人達と語り合い、何かを産み出したい。新しい大分づくりに取り組んでみ
たい」という主旨で、応募時点からコアラのグループコミュニケーションの力をうま
く利用。意志疎通がよい。会合があって欠席者があっても電子会議でコミュンケー
ションをフォローするし、応募書類のデータ持ち寄りにも使う。これはいい。
どうやら12のグループから応募があり、4グループが合格となったが、広報公聴課
は従来のまちおこしにある「町並み再開発」や「国際交流」などのキーワードとは異
なるパターンを持つこのグループに期待を寄せて合格通知を出してきたようだった。
リーダーは菅健一さん、メンバーは佐藤国晴、石田洋子、松村知美、戸次栄子、仲矢
智絵、帆足美佐子、藤井慎吾、佐々木義郎、松村亮司、藤尾寿、村上正人、金山英
三、水口洋、帆足慎二、森晴繁 の計16人。顔ぶれをみて、なるほど、情報センター
に専属事務局員の仲矢さんが存在していることの意義を改めて感じた。多くのメン
バーは、彼女のところに時間がある度にちょっと顔を出しあっている人達で、中立の
事務局のよさを、改めて感じてしまった。
彼らは二カ年の事業期間で行動するのだが、当面の活動として何をするか、を話し合
い、まず、よその地域のパソコン通信ユーザーがどんなことをしているかも知りた
い、ということで群馬県桐生市で秋に行われる「ネットワーキングフォーラム’
92inきりゅう」大会に参加することを決めた。

他方、私は、会津さんや群馬県桐生市の渡良瀬ネットの久保田芳男さん、塩崎泰雄さ
んから依頼があってその桐生大会の実行委員兼企画委員に委嘱されていた。その委員
委嘱の打診は春に来ていたが受けるに当たって、
「私は運営について悩んでいるから正直いってよい話ができるかわからない。それ
に、もし、私は出るならば、私にとって一番興味のある問題、または、一番悩んでい
る問題を議論すると思うがそれでよいか?」
と念を押していた。
そういったこともあって、6月25日に行われた第一回目の企画委員会の時、テーマ
は何になるか、と、問われたが、正直に「地域ネットは生き残れるか?」を議論した
い旨申し入れた。
過去一年間の運営上の悩みはまだ完全には解決、抜けきっていないしそのことだけで
も大いに議論するに値するだろう。サンフランシスコのWell同様、メルトダウン
せず、運営上の問題から脱して生き残れるか、ということが第一番に議論されるべき
であろう。
しかし、それだけではない。特に昨今の他のメディアの動きが気になっていた。
大分にとってニューメディアはコアラではない時代になっていて、衛星放送が始まっ
て以来、コアラよりも24時間見れるTVの方が目新しい。昔はTV3局のみであっ
て深夜になると楽しめるメディアがなかったからパソコン通信COARAが注目され
たのかもしれないが、今や、NHK衛星放送やWOWOWや、90年10月開局した
大分初めての民放FM局「FM大分」、昨今復調気味のCATVが毎晩楽しくさせて
くれている。都会と同じサービスを届けてくれている。そういったもっと面白いもの
(?)があるのに地域ネットは必要とされ、生き残れるか?
パソコン通信そのものは、普及に拍車がかかってはいるが、地域ネットで元気なとこ
ろを聞かない。ユーザーが増えても地域ネットへの入会ではなく大手ネットへの入会
で普及しているのであり、地域ネットはほとんど大手に押しつぶされたような格好
だ。その種の雑誌や本は大手のNiftyやPC−VANを前提にしたものが続々と
出版されてくる。九州最大都市の福岡の話もあまり聞かない。そういった全国の中核
都市は大手ネットのアクセスポイントがしっかり整備され、東京とまったくかわらな
いサービス環境からほとんどユーザーが吸い上げられてしまっているようだった。高
速道路のストロー現象そのもの。
地域ネットを社会インフラに!、などというところは限られてきているし、言ってい
たとしても元気がなくなってきているようだ。コアラだって運営問題は深刻な存続問
題だし。地方に数多く存在するネットは目的別の縦割りのネットであったり、または
趣味のBBSというイメージが当たり前になってくる。どうやら社会インフラネット
はNifty、と、PC−VANというメーカー系の東京一極集中型の全盛時代に
入ったようだ。大手ネットはついに黒字経営になったとまで発表されはじめている。
大手ネットに遜色ない魅力的地域ネットとはどういったことなのか?地域ネットは本
当に必要とされるのか?
さらに技術は進み、先進パソコンユーザーは、マルチメディアに一生懸命になりつつ
ある。コアラはいち早くその動きをネットワークに融合させようと「ハイパーネット
ワーク」なる概念を追い求めているが、一般的には通信を伴わない“マルチメディ
ア”だけでも市場をあおる、マスメディアを引きつける新しい題材だ。
加えてもっと先進グループは学者や研究者によってつくられてきた全世界の学術研究
ネットを結ぶ“インターネット”に興味を示している。マルチメディアはパソコンの
能力がアップしたことで論じることが可能になったのだろうが、このインターネット
も、昔は大学や研究機関で共同で持っていた高価なワークステーションがダウンサイ
ジングで気軽に持てるようになったことからか、研究者間では電話機並にコミュニ
ケーションの道具として世界的に使われ始めたようだ。そういった人達の名刺には全
国、全世界共通の電子メールのアドレスが書かれるようになってきている。利用者の
数から言うならば、Nifty、PC−VAN、アメリカのCompuserveよ
り大きな社会基盤電子ネットワークになっている。
加えて、パソコン通信のようにホストを共同利用するということではなく、互いがホ
ストである、というパソコン通信の概念を一歩進めたものを持っている。一人一人が
パソコンまたはワークステーションを持ち、それらが専用電話回線で芋づる式に接続
されており、個人は自分が皆に見せて良いと思われる情報は自分のワークステーショ
ン内の公開のエリアに入れておけばよい、誰でも希望するものはそれを見たり入手し
たり出来る、という仕組みは、超高機能パソコンが一人に一台の時代にはもっとも在
りそうな、新しい電子ネットワーク社会の姿を見せている。しかし、この利用は文部
省に関係する大学や研究者のみに利用が制限されていて、まるでバベルの棟であり、
一般人は仲間に入れない壁の高い「学者ギルド」のように思えてくる。かつ、もっと
悪いことに専用線の利用を前提にしているのだから、今、既存の海外との出口を持つ
東京に近いところでなければ、通信料金上、とても利用できるものではない。東京か
ら末端になる地方であればあるほどその「世界につながるインターネット」は無縁で
あり、インターネットを欲する企業や一般研究者は何らかの利用チャンスを求めて東
京に集まっていく。
ああ、またもや東京一極集中!
技術の進歩はまたもや地方を面白くないものに落とし込み始めている。
しかし、負けられない。何か新しい仕組みがあるはずだ。せっかくのCOARAを
きっとそこに進化させられるはずだ。マルチメディアとインターネットを飲み込んだ
ハイパーネットワークが必ず構築できるはず!
それを打ち破ってこそ、地域ネットは生き残れるはず!


------------------------------------------------------------------
「地域ネットの生き残りを考える」にあたって、分科会への投げかけた事項

1)電子ネットワークは地域社会に必用とされているものなのか?
2)それは、社会インフラとして必用とされているものなのか?
3)そうだとしたばあい、公民館的性格のものだろうか? それとも昔の電電公社的
なものなのか? 
4)それらの設備投資の費用は? 維持の費用は? それらの考え方は?
 公共予算はそれらに応えるためにどう正当化されつつあるのか?
5)それらを生かし続ける運営体はどうあるのか? どう模索されるのか?
6)そういった地域ネットワークの存在が肯定的に整えられたとしても、その利用内
容が存続を正当化され続ける方向に「非力な地方」は、東京の大手ネットに揉まれな
がらどう対応できるのか?
------------------------------------------------------------------
- 3 -

 
戻る 続き