韓国の憂国の士/知事に随行訪韓/情報産業の父

交流はまだまだ続く。

同じく90年の12月。当時、大分空港を国際空港にしようと県は韓国便の誘致に躍
起になっていた。その誘致に平松知事が出かけることになり、「韓国と交流している
キミも同行するように」と指示が来た。
知事や吉村商工会議所会頭、後藤県議会議長など訪韓団の役員の方々は精力的に関係
部局に出かけて行くが、私は少し人数を拡大した懇談会に出て「航路開設後の交流の
一つにコアラなどがある」ことを示すような役割のようであったが、別に知事から話
があってICCのリー会長と知事の会談を設定した。
この会談は面白かった。メンバーは韓国からリー会長と大分に来たこともあるキム部
長。大分はコアラ名誉会長の平松知事にコアラ会長の後藤県議会議長に事務局長の
私。
リー・ヨンテさん、ICC会長、三宝コンピュータ会長。
二人の会話から理解できたことであるが、三宝コンピュータを創るいきさつが面白
い。
KIS(綴りは確認要)という韓国最大のシンクタンク(知事はこの研究所のことを
よく知っていた、通産時代に付き合いがあったとのこと)にいるとき、政府に対し
て、
「今のままでは韓国は情報産業分野で世界に大きく取り残されてしまう。100人の
技術者を私にあずけて下さい。そうすれば世界に負けないコンピュータ産業を興して
みせます」
と言ったがわかってもらえなかった。
また、世界銀行からもお金を借りるよう話をつけ、国策コンピュータ会社をつくる段
取りまでしたが土壇場で政府が政府負担分の金を出すことができなくなり、この話も
うまくいかなかった。
で、思いあまって、自分でパソコン製造会社を興したのだが、、、、今は、「韓国で一番
大きなパソコンメーカーです」
彼いわく、「どこにでもあるIBMコンパチ技術ですから、、、、」と謙遜して簡単に言
うけれど、やはり凄い。常に韓国の未来を考える憂国の士そのものであると同時に技
術者としても経営者としても優れている。
「そうやって、政府がなかなかわからないので、自分自身でやってきたのだが、ある
時、政府の方からDACOMの会長になってくれと依頼され6年間会長をしてきた。
それまでは、政府はこちらの言うことは何も聞いてくれなかったのに、反対に頼まれ
るのだから皮肉なものだ。」
知事いわく、
「それはリーさん、貴方が変わったということではなく、世間が変わり時代が貴方に
追いついてきたということでしょう」
「今は、三宝コンピュータに帰っているが、まだまだ韓国の情報分野の遅れが気に
なってしょうがないので、政府に金を出させ、情報文化センター(ICC)という団
体を創り、非常勤で会長を行っている。そして、地方の学校などにパソコンを設置さ
せたりして情報化に取り組んでいるが、どうしたら日本のように、知事さんや政治家
である議長さんがパソコンを使うようになるのだろう。。。
そして、決定的に違うのはCOARAのように市民レベルで情報化に取り組んでいる
こと。これには本当に驚かされている。韓国では政府も駄目、市民も動かない、、、、羨
ましい限りだ」

後藤カイチョーは、
「COARAは一村一品運動の情報版ですよ。単に優れた農産物をつくるだけでな
く、農業には縁の無い“町”にはそれなりのやり方があるし、文化活動としての取り
組みでもあるのですよ」
平松知事「・・・・・・私は30年前の1960年に日本にコンピュータを入れる/入れな
いでIBMと特許権で渡り合ったんですが、それは『ハードウェア』そのもののこと
だったんですね。
それから10年後の1970年にはハードウェアを動かす『ソフトウェア』に関して
対応を考えるべく政策(第三世代新機種を業界が三グループに別れて共同開発する電
算機特別会計をつくったこと。ハードウェアはなんとかなりつつある国内業界が莫大
なソフトウェア資産を持つIBMに対抗するための政策)を立案実施した。
そして、そのまた10年後、1980年には大分県知事になっていたんですが、今度
は『ネットワーク』に取り組んで来た」
リー会長も私もナルホドとうなずきます。
ハードウェアからソフトウェア、さらにはその発展形であるネットワークへ。これこ
そが情報社会の歩んでいく道ですもんね。  しかし、知事、知事はそのまた10年後の
1990年、それらを“越える”『ハイパーネットワーク構想』(ハイパーとは“越
える”という意)に新たに取り組まれたのですよ!

尾野「リー会長、日本企業との合弁の新聞記事読んだ事がありますが?」
リー会長「スリージェム(三宝)コンピュータは、3つ、日本企業との合弁企業を
持っている。。。。そうね、これからもいろいろとあるかもしれませんね」
尾野「その時は大分も思いだして下さい」
リー会長「ハッハッハ・・・・」

あっというまに40分程度話し込んでしまった。
リー会長は昨年、平松知事に講演に来て下さい、と強くお願いされた経緯もあって、
とても打ち解けた懇談であった。彼は紛れもなく“韓国情報産業の父”なんだろう。

その一時間程後に、知事と会長、吉村会頭は大統領に会った。私達はホテル待機で、
朗報を待つ。
そして、翌朝、DACOMの副社長LEE・BYONG−NAEさん、KTA(韓国
電気通信公社、日本のNTTに相当する)の実力副社長JUNG・UCK・SEOさ
ん(後に科学技術庁次官になられたと聞いている)、それにユーさんが朝食に我々を
招待してくれた。そしてその朝の韓国の朝刊に、“驚くべき客”といったような見出
しがついた記事が掲載されていることを教えてくれた。


 18日 午後交通部出入り記者達は意外なお客をお迎えした。

日本南部、大分県平松守彦知事をはじめ後藤国利議会議長、吉村益次商工会議所会長
で構成された「大分空航国際化促進期成会」幹部達。彼等は、来年度大分空航の新庁
舎竣工に先だって韓国との航空路線誘致の為、交通部長長官を訪問し記者室を訪れ
た。
知事自ら地図を広げブリ−ピング....韓国から大分の観光客の増加の現況等航空
路線開設の必要性説明、そして一村一品運動の創案者で国際的にも著名な人物、79
年知事に選抜されるや地域の若人を励まし、村毎の特色ある商品、開発、販売、をす
ることに依って豊かな村に築きあげた。
そのような彼が今度は更に大分の跳躍の為、空航を拡張し韓国の観光客誘致の為
150名の使節団をつれて来韓、韓国側関連者の説得作業に踏み出してきたのであ
る。KALとASIANA会長訪問をはじめ、観光関係の人々ともロビー活動をしそ
れも、ものたりなさを感じたのか記者室をたずねブリ−ピングまでを。
記者室を訪ねた理由を聞いたが彼らは、もっとも当然なことと、躊躇もなく『地域間
の交流は上のレベルでだけのことでなく、草の根交流が重要である』と語り、『皆さ
んの協助が必要です大分県住民熱望をみなさんに直接お見せしたいからです。』 わ
が国の官史達も異国の記者室までたずねて説得作業をひらく日は何時頃になろうか?
これから、まもなく地自制も実施されるが...日本の低力がことさらにおそろしく
感じられる。

つまりは、韓国はいま、知事は中央政府から任命される人達で構成されているのだ
が、それが来年、地方自治ということで、議会と知事が選挙で選出される“民主化”
がいよいよ行なわれる。それで、民主化に関する話題が多い中で、日本の公選知事は
凄い。特に平松知事は驚くべき客、その行動力の凄さが大きく目についてしま
う。。。。。
KTA副社長は目を細めながら私達に新聞の解説をしてくれた。

- 12 -

 
戻る 続き