湘南国際村リブインセミナー


 湘南国際村でアメリカ大使館東京アメリカン・センターの主催する情報通信セミナーが1998年5月18−19日の二日間開催されました。
 湘南国際村を管理するかながわ学術研究交流財団との共催ではありますが、アメリカン・センターがアメリカから政府関係者などをお呼びして日本国内の方々と交流していただく、というプログラム。

   以前は環境問題などをテーマにしたこともあったと聞きましたが今回は、「情報通信網の構築と社会・経済・文化の変化」と題して情報通信に的を絞った第一回めである、とのことです。

 アメリカンセンターから出席された方々は、
 エリオット・マックスウェルさん(連邦通信委員会FCC企画政策室次長)
 ミルダ・ヘッドブロムさん(ミネソタ大学法学教授;
       ヒューバート・ハンフリー公共研究所情報通信社会フォーラム座長)
 ダン・ローゼンさん(同志社大学教授)
 日本からは大学教授や研究所の方々、ジャーナリストなどの35名に限定された方々でしたが、全体をとりまとめる座長は我がハイパーネットワーク社会研究所理事長の公文俊平所長(国際大学グルーコム所長)です。
 この写真の真ん中に公文先生が座って二日間の議事進行をつとめられました。
(写真)↑1552
 もちろん、国際会議場だけあって同時通訳付きです。(でないと私はまったく困ります!)
 冒頭にゴア副大統領のこの会議開催の歓迎メッセージが紹介されたり、と、さすがです。
 そういったことからか、会議の内容は、アメリカ政府のインターネットへの取り組みや考え方などかなりのグローバルな視野からも話されましたが、ヘッドブロムさんはルーラル(地方・田舎)のアメリカの事例を出したりと、広範囲。
 特に、公平な競争。民間主導による規制のないオープンな市場、といった視点でマックスウェルさんは話されましたが、
「情報通信サービス(の政策は)は都市部だけでなく、様々な地方部でも通用するポリシーでなされねばならない。それは“ユニバーサル・サービス”と呼ばれるものであろうが、過去はそれを実現するために様々なところに隠された補助金の類が支えとなってきた。
   本来、ユニバーサル・サービスとビジネス・サービスは競争できるものだと思っているが、アメリカ政府としてそれらの考えをまとめて8月までにAdvanced telecomunication Service というものを出す」
 と話していたことが印象的。
 私たちコアラ/ハイパー研が提唱する情報市民公社構想とどう交わるだろうか。
 
 そうそう、日本側から、日本の競争は官が枠組みをつくってその中で競争させる『官制民間競争』だ、という話があったが笑ってしまった。  
(写真)↑1553
 この写真左は公文先生、右はヘッドブロムさん。
 彼女はインターネット上で起こる様々な国境を越えた問題はどこが司法権を持つのか?
 インターネット・コミュニティのサービスの質は誰が保証する(負担する)のか?、といった基本的な点を指摘しつつ、州政府が情報通信に積極的に乗り出した例として、
「“教育”を理由に1億ドル出してハイスピード・ネットワークを作ったアイオワ州」や、
「州は金を使わないが、コーディネータとして積極的に動き様々なところへ働きかけを行った州もある。その場合は、そのコーディネーター(民間人であることもある)は社会的(行政的?)に高い地位についている場合が多い」
「ローカルコミュニティとして直接に金を使わずトレーニングなどの間接費を使う例」
 「ユーザーからの声で州議会でアクセスポイントの議論が起こり、それに呼応して民間ISPを呼び込んだ例」
 などと紹介がありました。
(写真)↑1556
 真ん中にたっている人は、日経新聞の関口さん。昨秋のハイパーネットワーク別府湾会議でおなじみですね。
 彼とは様々に雑談を繰り返しましたが、面白かった。
 今回の会議は昨秋の別府湾会議の前段に当たるものでハードインフラ的な普及論、競争論でしょうか、、、別府湾会議で行われたコンテンツ・コミュニティ論やそれを成立させる経済的仕組み、などにはとても議論が及びません。ちょっと自画自賛ですが別府湾会議の先進性をかみしめてしまいます。
 私も、二つほど意見を述べましたが、、、。
(写真)↑1558
 この方をご存じですか?
 もと神奈川県知事の長洲一二さん。
 かながわ学術研究交流財団の理事長を務められておられますが、二日間通して会議に参加されました。
 平松大分県知事に先だって「地方の時代」を提唱され、実践された方。
 私も十数年前に講演を聴いて感銘を受けましたし、Uターンして大分に帰ることも悪くないと思ったものでした。  
(写真)↑1554
この方は英語雑誌(テレコムトリビューン誌)の記者の三森さん。
別府湾会議でお目に掛かった科学技術と経済の会の日高妙子さんも来られてましたが、こういった方々が話しかけてくださいました、、、英語が話せない私には嬉しいことです。
 
(写真)↑1560
 さて、次の会議はどこかな?