元気出そうよ!温泉


皆さんもよくご存知の大分県日田出身のジャーナリスト、
筑紫哲也氏を迎えまして、これからの別府観光について、
別府のヒットパレードクラブで、フォーラムが行われました。

このフォーラムの内容は全てオンデマンド化されています。
基調講演「元気出そうよ!温泉」「異論反論discussion 」

映像・音声をお楽しみになるためには、リアルビデオのソフトウエアが必要です。
もしお持ちでない場合、あらかじめこちらから
ダウンロードして、
インストール
してください。


ギリシャから帰られたばかりで、日焼けされていた筑紫氏でしたが、
外国で一番恋しくなったのは、日本の温泉だったとか。
日本人にとって、温泉は永遠に愛されるものでありますが、
現在の温泉街は衰退傾向にあります。なぜなのでしょうか。
「時代が変わり個人のニーズも多様化しているので、
それに見合うものを提供していく必要があるのではないでしょうか。
そのためには、地域全体が、同じ目標をもち、地元を誇りに思い、
そして自立して活動していくべきだ。」
と、筑紫氏は語りました。



筑紫氏の基調講演に引き続き参加者との意見交換があり、色々な具体案が出されていました。

最後は、筑紫氏が関係する、日田の”自由の森大学”の本が即売され、サイン会もありました。


別府は、温泉があり、素晴らしい自然があり、
観光地としては最良の立地条件を兼ね備えています。
今回、筑紫氏を迎えこれからの観光地別府について
様々な意見が出されましたが、そういった声が反映され、
隣町湯布院に負けない、国際的な観光地になっていって欲しいものです。

帰り際にヒットパレードクラブのオリジナルCD
別府八湯・竹瓦ラブソング”と、
絵葉書を頂きました。
有り難うございました。


by Yuko Kusamoto