情報化も数値目標を掲げようじゃないの!

 平松大分県知事に大分県産業経済振興会議が提言書を出しました。
 これは大分県内中小企業が県の来年度の事業計画に様々な実状を反映していただこうと、毎年行われるのですが、観光や商業、それに情報化などが主なテーマになります。  さて、今年の情報部会の提言は、簡単に要約するならば、
 2002年のワールドカップ開催をめどに数値目標を掲げよう。
 2002年までに
●総ての学校のクラスにインターネットを!
●総ての市町村が電子メールの窓口を!
●中小企業の60%が電子メール利用を!
●電子マネーを!
●福岡〜大分にマルチメディア回廊(情報軸)を!

(写真)↑276
 提言者は基本的に各種公的団体(商工会議所、商工会、経済同友会など)の代表者で構成され、さらに専門部会がつくられて数ヶ月掛けての提言。
 私は情報部会の部会長なんですが、,、実は、今回はパーフォマンスです、こういったパネルを急ごしらえで造って持っていった。
 実は,30分前にあわててつくったから「教室」と書くところを「学級」なんてわかりにくい言葉に間違ってしまった。
 で、言葉ではきちんと話しましたけどね。
 実は、その内容はビデオ・オン・ディマンドになります。
 12月8日放送のカフェ・コアラを見て下さいね。

(写真)↑281
 そこで知事はどう応えたかって?
 う〜ん、、、なかなか一言で言えないなぁ。その内容はわかっていることもあってか直接的な返事にはなっていない。
 しかし、個別には担当部署が応じてくれることでしょう。
 コンテンツ重視の返事でしたが、電子メールでコミュニケーションチャンスが増えることによる改革をより重視した返事をいただきたかったのだけれど、時間切れ。
 再度次のチャンスでもPRしましょう。

(写真)↑278