2005.01.14


 

様々な顔を持つキリンの舌 〜強くて器用〜

<担当>角 健吾

ジャングルバスの本来の機能を十分に体感していただくために、現在当園では通常のジャングルバス体験より少し特別な便が1日限定三便運行されています。

動物たちに単にエサをやるだけでなく、生態を間近で観察し、深く知っていただくことで、動物たちにもっと親近感を持っていただきたいと思っています。その一環として、いろいろな生態観察イベントを実施しています。

今回はキリンをクローズアップしてみました。



のんび〜りおっと〜りしている様に見えるキリン
遠くも見えるぞ〜



◆鋼の舌を持つキリン

 首の長い動物といえば、キリンですが長いのは首だけではありません。舌も約45センチほど伸びます。その舌を使ってどのよううにして食べるのか、舌の長さや器用さを観察していただきたいと思っています。

私たちの舌はとてもデリケートで、トゲトゲのあるものなどとても口にできませんよね。はたしてキリンはトゲトゲのあるものをどうするのか、食べるのか食べないのか?

結果はトゲトゲのあるものもいともせず舌を絡ませて食べます。私たち人間から見れば、キリンの舌は鋼でできているのでは?と思ってしまうほどです。




オヤツくれないならとっちゃうぞ〜
格子のすき間から舌をくるくるくるっ!



◆朝顔のつるのようなキリンの舌

 そして、また驚くのが長い舌の使い方です。朝顔のつるのように「クルクルクルッ」っと食べ物に上手に絡めて食べるのです。

ジャングルバスでキリンにおやつをすぐに届くところには出さず、ちょっと離してじらすと、長い舌が伸びてきておやつを絡めとっていくのを観察できます。

ジャングルバスではこのように間近でキリンの舌の長さを体感する事ができます。

 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp



アニマルトピックスは、アフリカンサファリスタッフが動物達との触れ合いや不思議な習性などを自分達の視点からレポートしているものです。(※今後の定期的な更新はありません)