2004.11.19


 

冬に向けて 〜担当者の心遣い〜

<担当>角 健吾
◆夏バテ・寒さ対策にニンニク

 キリンは夏場ニンニクやタマネギをあげます。キリンとニンニク・タマネギはピンとこないとおもいますが、理由は動物のエサの嗜好性(しこうせい)を高める為と、やはり夏バテ防止です。

私たちで言えば、毎日同じ物を食べていたら食が進みませんよね。夏の盛り、土用の日にうなぎが食卓に出たら「ラッキー!」もりもり食が進みますよね。キリンたちもそれと同じようなものです。そして、それは冬場も同じです。




…モリモリムシャムシャボリボリ…
やっぱりニンニクはうめ〜なぁ



◆暴食に本能がストップ


 サファリ生まれ、サファリ育ちのキリンたちは、日本の季節になれてはいますが、それでも冬の寒さを乗り切るためには、たくさんのおやつを食べ脂肪をつけなければなりません。しかしたくさん食べ過ぎて太るという事はありません。

あまり脂肪をつけすぎて動きが鈍くなると外敵に襲われる確率が高くなります。そのため、必要以上には食べません。やはり野性の本能でしょうか?太ったキリンなど見た事はないですよね。しかし冬場はそれでもたくさん食べます。冬を乗りきるためにです。




お父さんもお母さんもお姉ちゃんも弟もスリム


◆冬一段と気を使う担当スタッフ

 サファリの動物たちは夕方になると帰る場所があります。キリン舎(キリンの家)と呼ばれる場所なのですが、動物たちが帰ってきた時に安心して休める場所を提供しなくてはなりません。

キリンの場合は床から冷えこまないように、夏場より多くのふかふかの草を敷き暖かく休めるようにします。キリンたちは動きまわりその草を踏み固める為、常に床がフカフカになるように心がけています。

各担当スタッフは動物の健康管理も大切な仕事、冬場は一段と気をつかいます。

 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp



アニマルトピックスは、アフリカンサファリスタッフが動物達との触れ合いや不思議な習性などを自分達の視点からレポートしているものです。(※今後の定期的な更新はありません)