2004.4.9


 

赤ちゃんキリンをリードして

<担当>角 健吾

◆新サファリゾーン誕生

サファリゾーンを大改造いたしました。野生動物の生息環境をより自然に再現し、もっと間近に野生動物を観察したり、その素晴らしさを体感していただけるようになりました。 当園のテーマの一つである「動物に優しい」をテーマにセクションをリニューアルしました。 

◆広々とした草原にのびのびと

第3セクションの草食動物ゾーンには、アフリカゾウ・シロサイ・アミメキリン・グラントシマウマ・アメリカバイソンなどが住み分けして、のびのびイキイキ暮らしています。アフリカのサバンナをほうふつとさせる光景が広がっています。  





赤ちゃんキリンは小さく見えるけれど実は2m!



◆キリンの赤ちゃんデビュー

動物ゾーンも少しずつ緑の草原に変わっていく中、キリンの赤ちゃんが二頭セクションデビューしました。動物ゾーンに登場すると、茶と白の網目模様が草原の緑に映えてとても綺麗です。一列に並んでセクションにでるキリンたち。

デビューしたての赤ちゃんたちは緊張しているのかと思えば、去年の10月に誕生したキリンが少し先輩として赤ちゃんによりそい、一緒に歩いたり、匂いをかいだり、コミュニケーションをとっています。もうおねえちゃんです。はじめて見る広い草原に少しとまどっているのか、すべてのものに興味を持ったのか、立ち止まってはいろいろなものの匂いをかいだり、なめてみたりとしています。





優しい顔のキリンは見ているとこっちまで
優しい顔になってしまう素敵な動物



◆ベビーラッシュの春

キリンの赤ちゃんの他にも、ムフロンシープの赤ちゃんがつぎつぎと誕生。春から夏にかけてサファリがもっとも輝く季節の到来です。新しくなった動物ゾーンでは、親子の心あたたまるシーンがくりひろげられています。であいの春、ぜひ感動的なシーンにであってみませんか。

 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp



アニマルトピックスは、アフリカンサファリスタッフが動物達との触れ合いや不思議な習性などを自分達の視点からレポートしているものです。(※今後の定期的な更新はありません)