2004.3.5


 

新しいネコとの遭遇

<担当>角 健吾

◆世界の猫をあつめた「キャットサロン」 いよいよ3月20日
グランドオープン!!


3月20日オープンする猫の新施設の名称が「世界の猫をあつめた・キャットサロン」に決定いたしました。

グランドオープンに向け、世界のネコも着々と当園に集結しています。私も新着するネコに合うたび、その愛くるしさに感動するばかりです。 アニマルトピックスをご覧になっている方にいち早く「キャットサロン」のかわいい仲間の最新情報をお知らせいたします。



寒さに弱いのでお洋服着用のスフィンクス


◆名前から外観も謎めいている 「スフィンクス」 ◆

今回はそのネコの中で「スフィンクス」というネコについてお話したいと思います。

ネコ=毛のある生き物という定説をくつがえすネコです。しかし、とても人に馴れていて、擦り寄ってきます。そして思わず抱きかかえようと触れた時、毛がないネコであることを実感し、びっくりしてしまいました。「スフィンクス」は無毛のネコとは知っていたものの、その感触はことばでは表現できない感覚です。無毛といっても薄い産毛が生えています。その毛の感触と直に体温を感じでしまう皮膚の感覚は、生まれたばかりの小ブタのようです。やはり不思議な感覚でした。 

また、毛がないぶんきりっとつりあがった目、細かなしわ、表情もすぐにわかります。
かわいいネコたちがあなたとのふれあいを待っています。

キャットサロンは、世界の珍しいネコたちと直接ふれあえる、こころ和む癒しの施設です。きっとネコたちは、ネコが好きな方だけではなく、動物を愛する方皆さんにその魅力を表現してくれるでしょう。

◆あなたのネコ物語を◆

犬派ネコ派と良く比べますが、それぞれペットとして良い面があるみたいです。 犬は人間の友として、生活に欠かせない役割をはたしています。それに比べて、ネコは自分勝手で気まぐれ(ニャン格)でペットとしては向かないように思えますが、ネコ好きにとっては、この身勝手さや気まぐれとコミュニケーションすることがとても癒されるみたいです。

あなたのおもしろいネコ物語がありましたらサファリのメールに送信して下さい。

メールはこちらから>>


 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp



アニマルトピックスは、アフリカンサファリスタッフが動物達との触れ合いや不思議な習性などを自分達の視点からレポートしているものです。(※今後の定期的な更新はありません)