2002.12.27

 

感動と発見にであう
〜興味の芽を育もう〜

<担当>角 健吾
 みなさん耳を澄ましてみてください。 今どのような音が聞こえますか?
 サファリでは、立ち止まって耳を澄ますと風の音、鳥の声、そして動物の足音や声などが聞こえてきます。

 例えば、ジャングルバスで草食動物セクションを通っていると『グロロロォォ』と車が振動するほどの音が聞こえてきます。

 何の音だろうと思いながら、車を走らせていると登場したのは、蒸気機関車のように大きく、そして、鼻から白い息を『ゴーゴー』と吐き出している『アメリカバイソン』でした。


アメリカバイソン

  アメリカバイソンは、北アメリカに分布し、草原を好みます。体長が2.7メートル、体重が約1トンほどで、大型のウシ科の動物です。

 大きな顔に、つぶらな目をしています。 大きな顔を支えるために、背中の筋肉が盛り上がっています。 ジャングルバスに乗っていると時々、バイソンが体をこすり付けることがあります。 体を掻くために行う行為なのですが、大きな体でこすりつけるので、もちろんバスは揺れます。

 バイソンの集まる場所には、大きな木があります。切り株の根が枝が生えており言わば、バイソンの『孫の手』です。多くのバイソンがここで体をこすっています。 そのため、バイソン達のお気に入りの『孫の手』の部分は、テカテカと輝いているほどです。



 ジャングルバスは、動物を観察するバスです。
 そのバスでセクションを走っている時など、動物の匂い、表情、声そして動物が生活している場所なども注意深く観察してみてください。
 一つ一つに動物たちの、毎日の生活が垣間見えます。

 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp


アフリカンサファリの獣医・神田先生のインタビューをコアラTVで見ることができます。月に一度インタビューするのでそちらもお楽しみに。
(コアラTVはADSLの方対応です。視聴するにはRealPlayer か Shockwaveが必要です)
第一回目の放送はコチラから>>  第ニ回目の放送はコチラから>> 


アフリカンサファリさんの協力で動物の最新情報をお届けするアニマルトピックス。毎週月曜日に更新されますのでお楽しみに!