2002.11.15

 

今も現役のおばあちゃん

<担当>角 健吾

当園には、高齢の動物が2頭います。
1頭は、サファリの中では最高齢、人間の年で言えばおよそ80歳のヒトコブラクダです。 顔立ちや立ち姿からも一目で、只者ではないなとわかります。



ラクダばあちゃん

 

 このラクダの名は『ばあちゃん』と言います。 不思議なことに、サファリにやってきた時からすでにこの名前で、ここ数年でやっと名前と姿が一致しました。
 ジャングルバスで通る時は必ず、『おばあちゃんバイバイ』と声をかけます。 起きている時は、笑っているように歯を見せて、振り向きます。 休んでいる時は、目をつむっているのですがシッポを動かして反応してくれます。
反応してくれると嬉しくてたまりません。


ミヤコとその家族達

 

もう1頭は、アミメキリンの『ミヤコ』です。 ミヤコは今年70歳。何と親子四代が一緒に当園で生活しているのです。
 先日、ミヤコに大好きなアカシヤの葉をプレゼントしました。 おいしそうに長い舌をからめて、食べていると、そこに娘や孫などが集まってきました。
ミヤコが食べているアカシヤの葉に何本もの舌が伸び、葉をよこどりしています。
けれどミヤコは嫌がるわけでもなく、彼女のやさしい目を見ると「おまえ達も食べるか?おいしいよ」といっている様に感じます。

サファリには毎年新しい命が誕生し、その子ども達は、元気に草原を走り回っています。
しかし、「ばあちゃん」も「みやこ」も負けてはいません。若い子には負けるものかとその存在感は健在です。

 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp


アフリカンサファリの獣医・神田先生のインタビューをコアラTVで見ることができます。月に一度インタビューするのでそちらもお楽しみに。
(コアラTVはADSLの方対応です。視聴するにはRealPlayer か Shockwaveが必要です)
第一回目の放送はコチラから>>  第ニ回目の放送はコチラから>> 


アフリカンサファリさんの協力で動物の最新情報をお届けするアニマルトピックス。毎週月曜日に更新されますのでお楽しみに!