茶廊 『緑蔭小舎』

(2001.02.19)

住所 / 大分県湯布院町川上鳥越1266-13
お問合せ / 0977-85-5198
営業 / 10:30 →17:00 (16:30 オーダーストップ)
定休日 / 不定休 駐車場 / 2台
URL / http://homepage2.nifty.com/ryokuin-syosya~yufu/



 由布院駅がある中心市街地から少し離れたところに、ゆったりとくつろげる喫茶店を見つけました。茶廊 『緑蔭小舎』は、自宅の一室を開放している、アットホームなお店です。

 アンティークを集めるのが趣味だというお母様のお見立てで、ステキな家具が配置された空間。

 なんとなく、優雅な気分に浸ってしまいます。

 経営は、こちらの横川さんとそのお母様でされているそう。

 もともと東京の方で、以前旅行でゆふいんに来た時のことが忘れられず、この地に引越し、平成8年8月にお店をオープンしたのだとか。

 「ゆふいんの印象は、のんびりしていていいなぁ…という感じです。それから、お水が美味しいので、お店で出すコーヒーやお茶もすごく美味しいんですよ。」

 美味しいのはドリンク類だけではありません。忘れてはならない手作りお菓子。

 和菓子がお好みなら月代わりの練切を。彩りも美しく、見た目にも楽しめます。

 3月の和菓子は左から、黒餡の入った「春野」、白餡の「西王母」、あこやの3種。

 全て独学で学びんだというオリジナルの和菓子は甘さ控えめで上品な味。

 和菓子の担当はお嬢さんの方で、洋菓子担当はお母様なのだそう。

 そのお母様お手製ベイクドチーズケーキがこちら。

 これがまた美味しいんです!濃厚でとろけるような美味しさ、たまりません…。

 優雅なスペースに美味しい食べ物。横川母娘の優しい笑顔。

 幸せなひと時、保障します。

 さて、注目したいモノがもうひとつ。それは、雑誌に掲載されたこともあるという粘土細工。これもまたお嬢様の手作りなのですが、どれもかわいいのです。



 季節柄、雛人形もありましたし、招き猫(一番人気!)も愛らしい。そしてなぜかジャイアンツ猫ちゃんも…。

小野 「ジャイアンツファンなんですか?」
横川 「そうなんです。ジャイアンツ以外のシリーズは作りませんよ。(笑)」

 これらの作品目当てでお店に訪れるファンもいるほどだそうで、土曜日に新作を出すと、月曜日までに売切れてしまうこともあるとか。購入したい方は、土日が狙い目です。(不定休ですので、出かける前に電話で確認して!)

 和菓子といい、粘土細工といい、本当に器用なんですね。羨ましい。

 そんな横川さん、お店のホームページも作ってらっしゃいます。

 ホームページも粘土細工も、去年の6月ごろから作り始めたのだそう。

 常に新しいものを生みだしている緑陰小舎、今後も目が離せませんね!


※掲載したお店、商品、サービスに関するお問い合わせは直接お店へお尋ねください。また、内容は掲載した時点のもので実際とは異なる場合がありますのでご注意ください。


reported by mika ono : breezse@fat.coara.or.jp

コアラ / 天神コアラ